Card image cap
「モバイルファースト」という考え方

もし、サイトトラフィックの大部分がモバイル端末からなら、デスクトップPC用のサイトデザインを優先する必要はありませんよね?サイトを運営する目的は、モバイル端末でショッピングをする人が多くなっているということに注意を向けることです。 サイトのデザイナーや運営陣営は冒険的なスタイルや機能性、そして息をのむようなイメージを見せる、壮大で美しいサイトを作ることが好きです。このようなデザインは、研究され、ブランド化され、計算された、検索エンジン対策に有利な1366×768サイズで設計されます。そして、「ああ、面倒なモバイル対策が必要だからレスポンシブ対応にしておこう(そうしないとGoogle検索で不利になるから)。」と言うかのように後付けでレスポンシブ化します。 最近、私は総トラフィックの約30%がPCからのアクセスである、素晴らしいサイトに出会いました。そこで私の iPhone 7を取り出してそのサイトを見てみると、表示が小さすぎて半分以上のテキストが読めない状態でした。ボタンやリンクなどのCTAも小さく、タップするのに小指を使わなければいけないくらいです。サイトにアクセスする顧客がスマートフォンを使用している以上、マーケティング担当者はPCサイトとモバイルサイトを分けて考える必要があります。   [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px; text-align: center;...

View Post
en_USEnglish