Card image cap
ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるのが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。   アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性 ECサイトでビジネスを行うとすれば、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。 つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能となります。もちろん、製品などの状況にもよりますが、短絡的に「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしない方が良いと言えるでしょう。   アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介! 今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。   ・eBay marketplace(イーベイ) eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も売買できるインターネットオークションサイトです。日本で言えば、“ヤフオク!”のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客と取引ができるのが大きな特徴です。また、多くの支払い方法と配送オプションがあるのも、eBayを利用するメリットと言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位となっています。アマゾン以外で、まず狙うべきECサイトはこのeBayです。 関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay...

View Post
Card image cap
Jetとは?より多くの割引と配達スピードでEコマースに存在感

インターネットショッピングサイトと言えばAmazon、というくらいに誰もが知っているAmazonですが、そのライバルとなりえるのが、世界最大の小売り業者であるWalmartが買収したJetです。Eコマース市場で、アマゾンとの競争力を高めるためにJetのウェブサイトを改良しています。では実際に、Jetとはどのようなマーケットプレイスなのか見ていきましょう。 Jetとは? Jetは、毎月40万人以上の新規ユーザーを増やしながら成長しているオンラインショッピングサイトです。Jetのプラットフォームでは、2,400を超える小売業者やパートナーと呼ばれる一般の売り手が商品を販売しています。 2015年7月に立ち上げた当初は会員制のショッピングクラブで、販売者に手数料を請求するのではなく、顧客が年会費を支払うシステムでした。Jetに手数料を払う代わりに、販売者は商品の値段を下げることができ、Amazonなどのライバルよりも約15%低い価格を顧客に提供することが可能になるというビジネスモデルでした。 しかし、2015年の10月には、Jetは年会費を下げる代わりに商品ごとの変動手数料を請求する方向転換をします。どんなプラットフォームも、多くの人に利用してもらうということが成功には欠かせないことだからです。この変更は、新規の顧客を獲得し、リピーターを増やすことが目的でした。 そして、2016年8月にJetはWalmartに買収され、Walmartの子会社となりました。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
Card image cap
Wishとは? 世界最大モバイルショッピングアプリの戦略と将来性

Wishというサービスをご存知でしょうか?Wishとは、世界最大のモバイルショッピングアプリです。洋服やアクセサリー、電化製品など様々な商品が出品され、メルカリのようにスマートフォンやタブレットにダウンロードして買い物を楽しむことができます。低価格で商品を提供するということだけにこだわり、Amazonやアリババにも負けないくらいのグローバル企業となっています。   Wishとはどんなサービスなのか? 2010年にGoogleとYahooの元開発者Peter SzulczewskiとDanny Zhangによって設立され た時点では、ユーザーが欲しい商品をリストアップするアプリとして登場しました。そこから、ユーザーとセラーを直接つなぐサービスへと発展していき、2017年には1,000億円以上の収益を上げるアプリに成長しています。 Wishの最大の特徴は、低価格の商品に特化していることです。Amazonなどの大手オンラインモールでは、翌日配送やギフト用のラッピングなどのサービスがあり、また、映画配信などの事業に参入していくなどしていますが、Wishは「低価格商品」の1点集中です。綺麗にデザインされたパッケージや翌日配送などのサービスはありません。Wishは、「どこよりも安い商品をユーザーに届ける」ということに焦点を置くサービスになっています。   Wishの戦略 Wishはアメリカで2017年に一番ダウンロードされたアプリで、モバイルに特化したオンラインモールとしては世界最大手です。Wishは低価格を売りにしたノーブランドの商品を主に扱っていますが、当初はシリコンバレーの誰もが「ノーブランドは売れない」と考えていました。 しかしWishは、低所得の購入者の21%がスマートフォンなどのモバイルからのみインターネットにつないでいることに目を付けました。この数字は、購入者の平均の12%を大幅に上回っています。ノーブランドで低価格の商品をたくさん売るということに重点を置き、商品を探している時に出てくるおすすめ商品にも、ユーザーの過去の購入履歴を反映したものよりも「衝動買いしやすいアイテム」を表示するようになっています。   Wishの将来とセラーとしての参入メリット Wishが巨大な市場であることは、数字が物語っています。Wishは今とても人気があるアプリで、特に圧倒的な購入力のあるミレニアル世代からの支持を得て大成功しています。製品の豊富さはすでに驚くべきものがありますが、まだまだセラーとして参入するメリットは大きいと言えます。...

View Post
Card image cap
消費生活スタイルにまで?Amazonのもたらす影響力とは

アメリカはもちろん、世界のあらゆる地域のEC市場をAmazon抜きに語ることはできません。日本でもAmazonの配送を担うヤマト運輸が「ドライバーへの残業代未払い問題」という形で、影響力を感じさせる出来事がありました。Amazonの影響力は、EC市場を飛び越えて、人々の生活スタイルの変化にまで及んでいます。アメリカ市場でECを展開していく上で、Amazonが消費者にもたらした影響を把握しておく必要があるのではないでしょうか。 アメリカ人はどれくらいAmazonを利用しているか? そもそもアメリカEC市場ではAmazonはどれくらい利用されているのでしょうか。Marist pollによると、実に2/3近くのアメリカ人が「Amazonでオンラインショッピングの経験がある」と答えています。これは、アメリカのオンラインショッピング人口の92%にあたり、ほぼ全員に近いということができます。また、オンラインで買い物をする際に、多くの人が「まずはAmazon」で買い物を始めることもわかりました。   また、アメリカのオンラインショッピング人口の約30%が「少なくとも月に1回」はAmazonを利用していると答えています。この割合は、Amazonプライム会員になると、約40%に上昇し、Amazonでの買い物が日常生活に根付いていることが伺えます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
en_USEnglish