Card image cap
Shopify VS WooCommerce ~特徴比較~

EC事業を展開する際の非常に重要なステップとして自社サイト構築がありますが、その手法について悩んだことはありませんか?今回は代表的なECサイト構築サービスであるShopify、WooCommerceについて、それぞれの利点と利用する際の懸念点を比較していきたいと思います。本記事を通して、それぞれの違いを理解し、より良いサービス選びに役立てていただければと思います。

View Post
Card image cap
米国EC進出を担当する – Shopify と Magento – どっちが正解?

越境であれ現地ECビジネスであれ、米国/カナダEC進出事業を担当とするとなったとき、様々なリサーチや事業開発計画書作成を経て、米国で現地開発ベンダーや戦略パートナーを探すタイミングが訪れると思いますが、その際、避けては通れないのが、ECサイトを構築するベースとなるECプラットフォーム選びとなります。 (ECプラットフォームの選び方はアメリカ市場向けECプラットフォームの選び方を参照ください) 「構築するECプラットフォームは何がいいか」 - その答えを探すためにリサーチをされた方は、すでにMagentoとShopifyの存在にはたどりついていると思います。そして、すでに他のプラットフォームに比べての優位性もうすうすと気づいていると思います。では、どっちがどのようにいいのか。次のステップをここではご紹介しましょう。 SaaS型プラットフォームShopifyとオープンソース型/PaaS型プラットフォームMagento ShopifyとはカナダのShopify社が開発しているSaaS型のプラットフォームです。現在500,000社を超える企業がShopifyを利用しるといわれています。テーマやテンプレートがすでに開発されているため最短数日でストアを立ち上げることができます。また、拡張性の高いエンタープライズ版も用意されています。カスタマイズ機能が充実しており、ECサイトに必要な機能をアプリやAPIを使って簡易的に構築することが可能です。 Magentoは米国Magento社が開発しているECプラットフォームのオープンソースソフトウエアで、現在およそグローバルで15万のECサイトで利用されているといわれています。2008年3月31日に公開されました。ミドル級からエンタープライズ向けECプラットフォームで、オープンソースのため、誰でも無料でダウンロードを行い必要な機能を拡張しながら開発することが可能となります。現在のEC業界のシェアはShopifyが10%に対し、Magentoは29%であり、双方とも成長を続けているといわれています(参照:Aheadworks, 2016)。 Shopify/Magento-それぞれの相違点とは どちらもとても優れたECプラットフォームなことに間違いはないですが、異なる点が多々あります。さらに複雑にいえばShopifyでは現在4種類のサービスが存在し、Magento では基本2種類のサービスが存在します。 まず、Magentoですが、基本的に、Magento Community Edition(CE) と Magento...

View Post
Card image cap
アメリカ現地EC専門家が進めるECプラットフォーム4選

前回の投稿では、アメリカのEC展開においては、やはり自社ECサイトが販売チャネルの軸になるという点、そして自社ECサイトでは、ECプラットフォーム選びが重要と言うお話をしました。その中でもアメリカEC業界で10年以上の経験から「とりあえずこの中から選んでおけば間違いない」というプラットフォームを4つご紹介します。前述の通り、事業規模などによって選択すべきプラットフォームの選択肢は変わってきます。その為今回は、以下の条件に絞ってご紹介します。   年間売上 $10万ドル~1,000万ドル 構築予算 $5万ドル~$50万ドル 物販(デジタル商品の販売でなく)       #1 Shopify/Shopify Plus     Shopify(読み方:ショピファイ)は30万以上のオンラインショップが使うクラウド系プラットフォームの最大手です。ソーシャルコマース、モバイルショッピングへのフォーカスも高く、市場のニーズに合わせたアップデート、機能拡張が継続的に行われています。その直感的な操作性や簡易性から個人事業主レベルのユーザーが多く、利用層の大半を占めますが近年では企業向けのプラットフォームとしてもそのシェアを伸ばしています。   ●...

View Post
Card image cap
アメリカ市場向けECプラットフォームの選び方

アメリカでのEC事業展開を検討する際に「何を売る」を決めた次に決めないといけないのは「(その商品を)どこで売るか」だと思います。例えば中国だとTmallなどのモール/マーケットプレースがECチャネル上の多くを占める為、「マーケットプレースで売る」がEC販売チャネル戦略の軸になったりすると思います。   アメリカの場合はどうでしょう?   基本的なイメージは日本と変わらないです。企業のEC販売においては販売チャネルの軸となるのはやはり『自社ECサイト』であり、モール/マーケットプレース系の販売チャネルを扱う商材や、ブランディング、販売戦略などに応じて二次的に選択していく事になると思います。   「どのマーケットプレースで売れば良いの?」かについては次回の記事で触れるとして、今回はアメリカ市場展開におけるEC販売チャネルの軸となる「自社ECサイト」について、具体的には、「どのシステムを使って自社ECサイトを構築するべきか」について案内をしていきたいと思います。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size:...

View Post
en_USEnglish