Card image cap
Amazon の販売オプション FBA(フルフィルメント by Amazon )とは

アマゾンが提供しているロジスティクスサービスの「FBA(フルフィルメントby Amazon)」。ECサイト業界にとって画期的なオプションであり、数多くのメリットがあると評判ですが、やはり少なからずデメリットも存在します。そこで今回は「FBA」とはどういったサービスなのか、どういった使い方ができるのか、などを考察してみたいと思います。   FBA(フルフィルメントby Amazon)の概要 Amazonが提供するサービス「FBA(フルフィルメントby Amazon)」とは、商品の発送・保管をAmazonが一任するサービスです。利用者は商品を規定に沿ってパッケージングし、Amazonの倉庫に発送、そして値付けまでを行います。その後、商品が売れるまでAmazonの倉庫で保管され、注文後の発送・カスタマーサービス・返品対応までを一貫してAmazonが行うサービスです。自身ですべての処理を行うECサイトに比べて、かなり簡単に商品を販売できるということで多くの企業や業者が取り入れています。 また、地理的な需要によってAmazonが持っているアメリカ全土の倉庫から最適な場所に商品が送られ、万全の配送体制を整えます。さらにAmazonのサイト上で、広告を使って商品をPRすることも可能です。 しかし、これだけのサービスですから『無料』というわけにはいきません。FBAにかかる費用は季節によって変動しますが、おおよそアカウント維持に$35/月、さらに各商品の値段×30%のコストがかかります。   FBAを使用するメリット(長所)とデメリット(短所)は? AmazonのFBAにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。ここでは考えられる長所/短所を挙げていきます。   <メリット> ・配送と保管すべてをアマゾンが行うため、かんたんに販売できる...

View Post
Card image cap
アメリカECにおける配送キャリア・サービスの選び方

アメリカでのECでは商品をお客様にお届けするに当たり、果たしてどんな配送キャリア、出荷サービスを選択すべきでしょうか。キャリアに寄っていろいろな出荷サービスがあるので、十分に理解した上で自分のビジネスに合ったモデルを選択して頂きたいと思います。   ホワイトペーパー 「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社の小包配送サービス比較表と各社配送料計算ツールの使い方を詳しくまとめています。   アメリカの配送キャリア3社 日本の約25倍を誇る広大なアメリカ大陸を駆け巡る配送キャリアサービス会社は、主に「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社で、日本で言うところのヤマト運輸や佐川急便、日本郵便に当たる有名な配送業者です。この3社がアメリカの配達を全てカバーしていると言っても過言ではありません。   さて、それでは出荷サービスを選択するに当たって理解しておきたい各社のメリット、デメリット、特徴について下記の順番でご案内して参りたいと思います。 UPSの価格と信頼性 FedExの価格と信頼性 USPSの価格と信頼性 配送サービスの選び方 保険の選び方 配送サービスの種類...

View Post
en_USEnglish