Card image cap
消費生活スタイルにまで?Amazonのもたらす影響力とは

アメリカはもちろん、世界のあらゆる地域のEC市場をAmazon抜きに語ることはできません。日本でもAmazonの配送を担うヤマト運輸が「ドライバーへの残業代未払い問題」という形で、影響力を感じさせる出来事がありました。Amazonの影響力は、EC市場を飛び越えて、人々の生活スタイルの変化にまで及んでいます。アメリカ市場でECを展開していく上で、Amazonが消費者にもたらした影響を把握しておく必要があるのではないでしょうか。 アメリカ人はどれくらいAmazonを利用しているか? そもそもアメリカEC市場ではAmazonはどれくらい利用されているのでしょうか。Marist pollによると、実に2/3近くのアメリカ人が「Amazonでオンラインショッピングの経験がある」と答えています。これは、アメリカのオンラインショッピング人口の92%にあたり、ほぼ全員に近いということができます。また、オンラインで買い物をする際に、多くの人が「まずはAmazon」で買い物を始めることもわかりました。   また、アメリカのオンラインショッピング人口の約30%が「少なくとも月に1回」はAmazonを利用していると答えています。この割合は、Amazonプライム会員になると、約40%に上昇し、Amazonでの買い物が日常生活に根付いていることが伺えます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
en_USEnglish