Card image cap
2022年Eコマースのトレンド カギを握るのはより快適な顧客体験

2020~21年のコロナパンデミックの影響を受け、消費者の購買行動は大きく変化しました。2021年には世界のEコマースの売上は25%以上の成長を見せています。アメリカでは消費者の76%がオンラインで買い物をしており、2024年までにEコマースの売上は倍増する見込みです。 右肩上がりの成長を遂げるEコマースは、2022年にどのようなトレンドが生まれるでしょうか。以下の7点に焦点を絞ってみていきましょう。

View Post
Card image cap
<2021年>Eメールマーケティングトレンド4選

SNSをはじめ消費者とつながるための方法は時代とともに進化し様々な手法が登場してきましたが、昔からそのCV率の高さを理由に根強い人気を集めている手法があります。それがEメールです。今回はそんなEメールをテーマに2021年のEメールマーケティングトレンドについて、紹介していこうと思います。 

View Post
Card image cap
企業向けマーケティング担当者必見!2021年のB2Bマーケティングトレンド

2021年も残り1か月となり、2022年の足音が聞こえるようになってきました。今年は新型コロナウイルス対策の緩和などにより、同じコロナ禍の中とはいえ、2020年とは異なる1年になったのではないでしょうか。今回はそんな2021年のB2Bマーケティングトレンドを振り返っていこうと思います。また、簡単にではありますが2022年のB2Bマーケティングトレンド予測についても紹介しようと思います。 

View Post
Card image cap
2021年版 注目すべきECトレンド10選をご紹介

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの企業が対面販売からオンライン販売へシフトしました。この傾向は今年も継続すると予測されており、2021年はEC業界にとって、成長するための重要な1年になるでしょう。今回はそんな2021年の注目のECトレンドを10個紹介していきます!

View Post
Card image cap
アメリカ家電市場のEコマース最新トレンド

新型コロナウイルスの感染拡大が消費者行動や市場へ大きく影響している昨今、Eコマース市場の状況はどのように変化しているのでしょうか。本記事では、その最新トレンド、特に2020年のアメリカEコマース売上高の最大比率22%を占めた「家電製品」について着目して解説します。

View Post
Card image cap
父の日&卒業生向けギフトで売上げアップする秘訣

Don’t miss the demand for gifts during the summer holiday season! In the US, the...

View Post
Card image cap
【2019年版】アメリカ Eコマース トレンド予測

年々、市場拡大の一途をたどる「Eコマース業界」。しかし、市場拡大やテクノロジーの進化によって、サイト構築の仕方や販売方法などのトレンドは変わってきています。今回は2019年のトレンドとなるであろう取り組みについて、簡単に取り入れやすいものを中心にご紹介していきたいと思います。   世界でのEコマース市場成長率は右肩上がり 今や当たり前となったインターネットでの買い物ですが、数字で見てもその傾向は見てとれます。 こちらは世界的にみたEコマースの売上を表したものですが、2014年から一貫して右肩上がりとなっており、平均20%以上の成長率を示しています。今年、2019年の売上は3.453兆ドル(約345兆円)に到達すると見込まれ、2021年には4.878兆ドル(約487兆円)まで上昇すると予想されます。 これだけ成長している市場であることに加え、Eコマースという性質上、テクノロジーの進化の影響などによって「トレンド」が目まぐるしく変わっていきますが、確実に押さえておくことが重要です。そんな2019年のEコマーストレンドを一緒に見ていきましょう!   2019年Eコマース市場のトレンドをピックアップ! 2019年Eコマース市場のトレンドはいくつかありますが、その中でも比較的追いやすいトレンドをピックアップしました。 ◆複数の販売経路(実店舗、自社サイト、その他販売サイト)を確保する HBRという機関が46,000人を対象に調査した結果によれば、そのなかの73%が複数の販売経路から買い物をしているということです。逆にいえば、複数の販売経路を持たないと、それだけ消費者の目に留まる機会が減るということです。また、北米の22%の小売業者が、複数販売経路の確保をもっとも重要な課題として考えています。 実例としては1or2つしか経路を持っていない場合と比べて、4つ以上の販売経路を持つことによって300%売上が違う、というデータが出ています。     [popup_trigger...

View Post
Card image cap
米国EC市場を攻略するためのポイント & 2019年の注目トレンド

米国では大きなセールとして「ブラックフライデー(11月)」「アマゾン サイバーマンデー(12月)」「バックトゥースクール(8月~9月)」などがあります。 こうしたセールは、小売事業者にとって大きな売上拡大のチャンスですが、中長期にわたり安定的に売り上げを伸ばしていくためには、顧客がどんな環境にいるかを考え、小さなイベントやホリデーを見逃さないことが必要です。消費者の需要が多様化する現代は、特に重要です。 この記事では、transcosmos America Inc.の子会社であるDigital Operative Inc.のBJ Cook(CEO & Co-Founder)が、米国EC市場を攻略するためのポイントを紹介します。   巨大セールだけに頼らず、新しいチャンスを作り出す 米国でのセールのチャンスは、ブラックフライデーやサイバーマンデーのような巨大イベントだけではありません。たとえば、次のようなものがあります。 Veganuary...

View Post
Card image cap
アメリカECの年末商戦(クリスマス商戦)対策 ~デジタルマーケティング~

10月が過ぎてホリデーシーズンに突入し、米国では小売り、Eコマース業界が忙しくなる年末商戦(クリスマス商戦)の時期がやってきます。米国のホリデーシーズンは一般的に、11月第4木曜日の感謝祭から、クリスマスイブまでの、1か月未満の期間を指します。今年も10月半ば過ぎからコストコをはじめビッグボックスリテーラー(大規模小売店)がブラックフライデーセールに向けて販売促進活動を開始しました。 インターネットの普及によるWebサービスの進化によって、消費者の消費活動、情報収集活動が毎年大きく変化しています。スマートフォンの普及が消費者とのコミュニケーションチャネルの多様化を加速し、2016年にスマートフォンからのトラフィック(モバイルトラフィック)が米国Eコマーストラフィック全体の50%を超えました。 消費者とコミュニケーションをとる手段やチャネルが多様化する中、クリスマス商戦を勝つために従来のホリデーシーズンのトレンドと消費者行動の両方を理解した上で通年のマーケティングプランを立てましょう。 ホリデーシーズンのトレンド National Retail Foundation(以後NFR)のレポートによると、50%以上の消費者が10月までに購入する商品のリサーチを開始し、12月に向けて徐々に買い物をスタートする傾向があります。そのため、「何を買うか」は既にクリスマス商戦が始まる前に決まっているといえます。 参考: 2017 Holiday Planning Playbook, NRF 2017 11月のブラックフライデーからクリスマスまではコンバージョンが集中的に発生する重要な時期です。この短期間で勝負するには、購買意欲が顕在したたくさんのユーザーにアタックすることが非常に重要です。11月までにいかに多くの顕在客をリマーケティングリストに集めるか前もってプランニングする必要があります。...

View Post
en_USEnglish