Card image cap
アメリカECにおけるビックデータの活用方法

「ビッグデータ」というワードは日本でも数年前に流行っていたのでご存知の方も多いと思います。近年日本では主に小売業界やサービス業界でのビッグデータの活用が進んでおり、売り上げ向上に役立っています。 さて、アメリカはどうでしょうか?アメリカでも様々な事業で活用されていますが、よく事例で取り上げられているのはAmazonやWalmart、eBayなどのEコマース事業での活用です。アメリカのEC事業で成功している企業の多くはデータに基づいた意思決定を行っており、データ収集・データ解析に多額の投資をしています。なぜ「データ」に対してそこまで投資をするかというと、ビッグデータを活用することでEコマースの売り上げを拡大できることが明らかになっているからです。ビッグデータのEコマース活用において先進的な企業の1つはAmazonです。読者の皆さんも1度はAmazonを利用したことがあると思いますが、商品を検索すると関連する商品を次々とおすすめしてくれます。またAmazonのLINEアカウントではちょうどいいタイミングでおすすめ商品を通知してくれます。Amazonはこのレコメンド機能によって10~30%の収益を上げていますが、これはAmazonが1,000,000,000 GBのデータを活用して2億人のユーザーの購買行動予測を行っているからこその売り上げだといえます。 そこで今回はアメリカのEコマース事業で行われているビッグデータの活用方法を6つ紹介したいと思います。   ①トレンド予測 ソーシャルメディアの投稿とサイト内行動のデータを組み合わせて、何がバズを引き起こしているのかを判別します。また、広告経由の流入データを分析して、現在どのマーケティングの効果がいいのかを確認します。さらに、ソーシャルやレビューサイトなどで商品について話している会話の文脈(肯定的か否定的か? )データを使用して感情分析を行うことで、そのカテゴリの中で次に売れる商品を正確に予測できます。   ②価格の最適化 購買データ、競合他社の価格、商品原価などのデータによってそれぞれの商品のベストプライスを決めることができます。または、データ分析によって需要の増加と減少の波をマッピングすることで、それに応じた最適な価格を設定することができます。ビッグデータを活用すると、なんと数分でそのベストプライスを見つけることができます。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
en_USEnglish