Card image cap
AIでデジタルマーケティングはどう変わる? 5つのポイント

AIは、いまやデジタルマーケティング活動においてなくてはならないツールとなっています。さまざまな場面で威力を発揮するAI。どんどん登場する新しいテクノロジーをいち早く取り入れることで将来的に大きな利益が期待できます。この記事では、AIがデジタルマーケティングをどう変えていくかをわかりやすく紹介します。

View Post
Card image cap
注目の広告分析ツール、Amazonアトリビューションとは ~広告評価を適切に行うために~

利益を伸ばすために、広告活動の見直し作業は必須です。実際に売上に貢献した、すなわち広告効率の良かった広告に重点的に投資し、一方で広告効率の良くなかった広告からは撤退する。これは今も昔も変わらず、広告活動を行う上での基礎とされています。しかし、ECサイトでの販売が普及するにつれて、広告効果に関する評価方法について、改めるべきであると考えられるようになってきました。今回はECサイトでの販売が普及した現代の広告評価に役立つツールであるAmazon アトリビューションを紹介します。

View Post
Card image cap
マーケティングが生み出すハロー効果でブランドイメージを高めよう

ハロー効果とは認知バイアスの一種で、ちょうど「身なりのきちんとした人は、人間的にもきちんとした人だろう」と思い込んでしまうような傾向を指しています。1つの特徴を見ただけで全体を理解した気持ちになるハロー効果を、マーケティングは古くから利用してきました。

View Post
Card image cap
Afterコロナ時代のマーケティングトレンド ~抑えるべき6つのポイント~

私たちの生活を根本から激変させた新型コロナウイルスが蔓延し始めて、およそ1年が経過しました。今もなおコロナウイルスの勢いは衰えを見せず、猛威を振るっています。そういった時代においても引き続き事業を拡大していくためには、コロナウイルスによる消費者・市場の変化を予測し、それに対応したマーケティングを行うことが重要となります。今回はAfterコロナ時代のECマーケティングで注目すべき6つのポイントを紹介します。

View Post
Card image cap
Apple iOS14がデジタルマーケティングに与える影響

Apple社はiOS14へのアップデートにともない、プライバシーポリシーの大幅な変更を明らかにしています。本記事ではiOS14アップデートによる変更がデジタルマーケティングに与える影響について紹介します。

View Post
Card image cap
アメリカのEコマース決済事情

先日に投稿した【2019年版】アメリカ Eコマース トレンド予測 記事にて 消費者の購買意欲を制限しないように簡単でシンプルな決済システムの用意が大事とご紹介しましたが、本日はマーケティングの視点から決済システムをご紹介していきたいと思います。 店舗でのお買い物はレジに並んで、POSの機械にクレジットカードをスワイプまたはチップカードを入れて商品を購入するのとは異なりインターネットショッピングでは購入完了までのステップが多く、お届け先、請求書住所、配送方法、支払い方法の入力、入力内容の確認、その後、注文を確定して、購入完了となります。 煩雑なステップが長ければ購入意欲の低下につながってしまうため、チェックアウトプロセスを如何にシンプルにするかがキーポイントとなります。モバイルデバイスで買い物する機会増えてる時代ではさらに重要になるでしょう。 この市場のニーズに応じてインターネットショッピングは下記の3つの傾向が重視されています。 チェックアウトプロセスの短縮 電子マネーの対応 クレジットカード離れした若者の新しい決済方法 では、実際に一つずつご紹介します。   チェックアウトの短縮 チェックアウトプロセスをシンプルにするのが最もユーザーに分かりやすく、使いやすくなります。 ワンページ購入完了できる、住所の自動反映機能、郵便番号検索など以外、Amazon...

View Post
Card image cap
アメリカ Eコマース を制するための「デジタルマーケティング」とは

スマホやパソコン、タブレットなどで行われるEコマースは従来のマーケティング手法だけではうまくいきません。テレビや新聞、街中の広告などとは違ったアプローチが必要です。そこで使われるのが『デジタルマーケティング』です。ではこのデジタルマーケティングとはどういったものなのか、どのように活用していけばいいのかを一緒に考えていきましょう。   現代では街中の大きな看板よりも、手のひらサイズの広告が重要 商品を販売する上で欠かせないのが『マーケティング』です。マーケティングをかんたんに一言で表すなら、「ターゲットとする消費者のニーズと欲求を満たすこと」です。 そしてEコマースに必要となるのが『デジタルマーケティング』です。デジタルマーケティングとは、「電子的(ネット)ツールを使って消費者の購買行動に影響を与えること」と定義してよいでしょう。このデジタルマーケティングを駆使すれば、「1時間で数百万人の人々から商品を閲覧・購入される」なんてことも不可能ではありません。 今やテレビ・ラジオ・新聞といった媒体から、youtube・Netflix・ポッドキャスト・メール・ウェブサイトなどが好まれていることは明らかです。そしてなにより、これらすべてが『デジタルマーケティング手法』となり得ます。つまり、人々は昔のように立派に立ち並ぶ大きな看板よりも、手のひらに収まる携帯画面から広告をよく見るようになった、ということです。   デジタルマーケティング は役割や性質を正しく理解して使い分けよう インターネットが普及した今、デジタルマーケティングの手法には無限の選択肢があります。そこで重要となってくるのが「手法ごとの役割や本質を理解し、宣伝する商品に合ったデジタルマーケティング手法を選択できるようにすること」です。 それぞれの手法は、効果が出るスピードや範囲、大きさなどが異なります。これからデジタルマーケティングを駆使しようとするマーケティング担当者は、「デジタルマーケティングの手法」についての正しい知識を学び、適切な一手を打っていかなければなりません。なぜなら、デジタルマーケティングが普及するにつれて世の中の流れがより一層早くなり、少しの遅れが命取りとなるからです。そこで、メジャーなデジタルマーケティング手法について少し詳しく解説していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
Card image cap
アメリカECの年末商戦(クリスマス商戦)対策 ~デジタルマーケティング~

10月が過ぎてホリデーシーズンに突入し、米国では小売り、Eコマース業界が忙しくなる年末商戦(クリスマス商戦)の時期がやってきます。米国のホリデーシーズンは一般的に、11月第4木曜日の感謝祭から、クリスマスイブまでの、1か月未満の期間を指します。今年も10月半ば過ぎからコストコをはじめビッグボックスリテーラー(大規模小売店)がブラックフライデーセールに向けて販売促進活動を開始しました。 インターネットの普及によるWebサービスの進化によって、消費者の消費活動、情報収集活動が毎年大きく変化しています。スマートフォンの普及が消費者とのコミュニケーションチャネルの多様化を加速し、2016年にスマートフォンからのトラフィック(モバイルトラフィック)が米国Eコマーストラフィック全体の50%を超えました。 消費者とコミュニケーションをとる手段やチャネルが多様化する中、クリスマス商戦を勝つために従来のホリデーシーズンのトレンドと消費者行動の両方を理解した上で通年のマーケティングプランを立てましょう。 ホリデーシーズンのトレンド National Retail Foundation(以後NFR)のレポートによると、50%以上の消費者が10月までに購入する商品のリサーチを開始し、12月に向けて徐々に買い物をスタートする傾向があります。そのため、「何を買うか」は既にクリスマス商戦が始まる前に決まっているといえます。 参考: 2017 Holiday Planning Playbook, NRF 2017 11月のブラックフライデーからクリスマスまではコンバージョンが集中的に発生する重要な時期です。この短期間で勝負するには、購買意欲が顕在したたくさんのユーザーにアタックすることが非常に重要です。11月までにいかに多くの顕在客をリマーケティングリストに集めるか前もってプランニングする必要があります。...

View Post
en_USEnglish