Card image cap
コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違いを解説!

調査によれば、「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」を上手く正確に使いこなせている企業は10%にも満たないそうです。つまり、この二つの要素を使いこなすことができれば、ビジネスで他社にリードできる可能性があると言えるでしょう。今回はその意味が混同されてしまうことも多い「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」その二つの内容や特徴・違いについて解説します。

View Post
Card image cap
コンテンツマーケティングに対するB2B企業の動向(2018-2019)

コンテンツマーケティングは今日、非常に重要な役割を果たしています。特にB2B企業は、購買プロセスも、顧客と関係を築くのも、B2C企業より複雑です。そのため、B2B企業にとって、コンテンツマーケティングの比重はますます高くなっています。 2018年アメリカのB2B企業が、コンテンツマーケティングのどのような面で成果を上げたのか、もっとも優先したことは何か、もっとも支出を増やしたのは何か、最大の懸案事項は何か、2019年に向けての課題は何かなどについて、1年間以上コンテンツマーケティングを導入した企業に対するアンケート調査の結果をもとにご紹介します。   ■ 調査結果 1 成功しているコンテンツマーケティングは、オーディエンスの情報ニーズを最優先している コンテンツマーケティングにおいて、大きな成果を上げているB2B企業の90%が、オーディエンスの情報ニーズを、プロモーションよりも優先していると答えています。それに対し、成果が上がっていない企業の約半数は、情報ニーズを最優先にしていません。 さらに、成功している企業の69%が、コンテンツ作成においてストーリー性を重視しているのに対し、うまくいっていない企業では、ストーリー性を重視しているところは1/3に留まっています。 オーディエンスと信頼関係を形成するためには、一貫性を保ちつつ、価値のあるものを、見つけやすい方法で提供しなければならないことがわかります。   2 ビデオはコンテンツタイプの中で最も重視されている B2Bコンテンツマーケティング担当者の64%がビデオ、ライブストリーミング、ウェビナーなどのオーディオ・ビジュアルコンテンツの使用を増やしたと答えています。記事やe-ブックなどのテキストベースのものがそれに続いています。 ビジネスの特性やオーディエンス、また企業の求めるものによって、どのようなタイプのコンテンツがもっともふさわしいかは異なってきます。ポッドキャストや雑誌の発行などが効果を上げる場合もあります。さまざまなテストを重ねながら、最良のものを見つけてください。   3 オーディエンスの育成にはeメールマーケティングと教育コンテンツを活用 アンケートに回答したB2B企業のうち58%が、2018年1年間で、ニュースレターの購読者やウェブサイトのオーディエンス、また見込み客を育成する手段として、コンテンツマーケティングを活用したと答えています。...

View Post
Card image cap
コンテンツマーケティングの成功に必要なのは独創性とSEO

コンテンツマーケティングが主流となっている昨今ですが、そのコンテンツマーケティングにもさらなる変化の兆しが見え始めています。さまざまなコンテンツが乱立する中で、投資収益率よりも、どれだけ目立つことができるか、独創的なアイディアと目新しいコンセプトを打ち出すことが重要になってきています。   動画コンテンツが主流の現在 今、この瞬間にも動画コンテンツはどんどんアップされています。ITおよびネットワーキングの分野で世界最大の企業であるCisco(シスコシステムズ)のレポートでは、「2019年、インターネットトラフィックの80%以上が動画コンテンツで占められ、アメリカだけで言えば85%を上回る」と報告されています。 もし、動画コンテンツを作り始めたばかりなら、小規模から始めるのが最良の方法です。今はスマートフォンとインターネットがあれば動画を作成することができます。プロジェクトの中で、動画コンテンツがどう利用できるのかを戦略的に大きな視点で考え、すばやく取り組みましょう。   体験型マーケティングの成功例 ミレニアル世代は経験を重視するライフスタイルを好むことから、77%のブランドが、体験型マーケティングはマーケティング戦略に不可欠だと考えています。体験型マーケティングは現在のコンテンツ戦略の大部分を占めており、ミレニアル世代だけでなく全世代への広がりを見せています。 人々は、もはや持っている物で自分の価値を見出すのではなく、どんな経験をしたかということに重きを置くようになってきました。この変化を間近で見ているのはコンテンツマーケター達です。 Googleのキャンペーンは、その体験型マーケティングが成功した典型的な例と言えます。Googleは、体験型マーケティングのキャンペーンが、芸術や文化やイノベーションを促進する可能性があるということを踏まえた上で、今までにない体験型キャンペーンを作り出すことにしたのです。Googleアシスタントを内蔵したスマートスピーカー「Home Mini」のキャンペーンのため、2017年の終わりに、アメリカの各地で期間限定のドーナツショップをオープンしました。これは、Home Miniがドーナツと同じようなサイズであるということから考えられたキャンペーンです。 ドーナツショップの中には、ドーナツとHome Miniがベルトコンベアに乗って流れています。顧客がベルを鳴らし、Home Miniに質問をするとピンクの箱が出てきます。その中には、ドーナツかHome...

View Post
en_USEnglish