Card image cap
集客に困っている方必見!クーポンをうまく活用したマーケティングをするために

経営担当者にとってクーポンの持つ販売促進効果は無視できないものであることは言うまでもありません。つまりクーポンやクーポンサイトはマーケティングミックスの不可欠な要素でありこれらをうまく活用できるかどうかで売り上げに大きな差が生じるのです。今回はそのクーポンサイトがどのように働くのか、大きな効果を上げるために意識すべきポイントは何なのかについて解説していきます。

View Post
Card image cap
アメリカ Eコマース クーポンコードによる販売促進の仕組み

アメリカでは、セールを行う際に、クーポンコードを提供するのが主流です。ディスカウントコード、プロモーションコードとも呼ばれています。クーポンコードが効果的に利用されると、販売数、販売頻度を増やすことが可能になります。 アメリカはクーポンコートの使用が消費者に根付いているので、お店のサイトの目立つ場所に記載されていることが多いです。また、様々なクーポンコードが掲載されているクーポンコードサイトもあるので、是非、検索してみてください。 使用方法はとても簡単で、通常は、注文手続きの際にクーポンコードを入力する箇所にコードを入力して「クーポンの適用」をクリックすると割引が適用されます。 買い物客の65%は、クーポンコードによって、購入を決めている。また割引コードを検索している96%の消費者は、アメリカにある各企業外部のクーポンコードサイトを利用しているデータもあります。 では、実際にどのようにクーポンコードを活用すべきかをみてきましょう。   クーポンコードの種類 様々な割引や、オファーがありますが、一般的なものを4つご紹介しましょう。 【パーセンテージベース割引】 【ドル価格割引】 【送料無料】 【無料ギフト】   人気がある割引の一つとしてパーセンテージベースの割引があります。5%、10%の小さい割引や、売上をより増やすための25%割引、また、古い商品や在庫が動いていない商品に対しては、50%以上の割引を利用したりする場合もあります。 上記に上げた、ドル価格割引とパーセンテージベース割引のどちらを適用するのか決める際には、100の原則というのがあります。これは商品が$100以下なら、パーセンテージ値引きを適用し、それより高い場合は、価格値引きにするというものです。心理的にお客様にとって高い割引価値をもたらします。...

View Post
en_USEnglish