Card image cap
Amazonベストセラーのすべて

Amazonでは数億点もの商品が販売されており、競合他社の商品が数多く存在します。例えば、最近人気の“Pineapple peeler”をAmazonで検索してみると、 検索結果は 649件でした。(1月24日時点)こんなに多い商品の中、似たような商品の中で、自社の商品を見つけやすいように目立たせるにはどうしたらいいのでしょうか。 その答えの1つに、Amazon ChoiceとBest Sellerが上げられます。Amazon Choice はAmazonからのおすすめということで、プライムシッピングを行っているセラーの中から、レビューや価格のデーターをもとに毎日選ばれます。Best Sellerは同じカテゴリーとサブカテゴリの中で、セールスデーターを基に選ばれます。私もそうですが、どの商品を買ったらいいのか迷ったとき、Amazon ChoiceとBest Sellerのどちらかを選択して買う人は多いのではないでしょうか? そうなると “Amazon Choice...

View Post
Card image cap
消費生活スタイルにまで?Amazonのもたらす影響力とは

アメリカはもちろん、世界のあらゆる地域のEC市場をAmazon抜きに語ることはできません。日本でもAmazonの配送を担うヤマト運輸が「ドライバーへの残業代未払い問題」という形で、影響力を感じさせる出来事がありました。Amazonの影響力は、EC市場を飛び越えて、人々の生活スタイルの変化にまで及んでいます。アメリカ市場でECを展開していく上で、Amazonが消費者にもたらした影響を把握しておく必要があるのではないでしょうか。 アメリカ人はどれくらいAmazonを利用しているか? そもそもアメリカEC市場ではAmazonはどれくらい利用されているのでしょうか。Marist pollによると、実に2/3近くのアメリカ人が「Amazonでオンラインショッピングの経験がある」と答えています。これは、アメリカのオンラインショッピング人口の92%にあたり、ほぼ全員に近いということができます。また、オンラインで買い物をする際に、多くの人が「まずはAmazon」で買い物を始めることもわかりました。   また、アメリカのオンラインショッピング人口の約30%が「少なくとも月に1回」はAmazonを利用していると答えています。この割合は、Amazonプライム会員になると、約40%に上昇し、Amazonでの買い物が日常生活に根付いていることが伺えます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
Card image cap
【2018年】アメリカEC市場規模 – おさえておきたい5つ数字

アメリカのEC市場規模をご存知でしょうか? 世界的みて非常に大きい重要な市場だという事は知っていても、実際の規模感となると明確ではない人も多いのではないでしょうか。 この記事では、アメリカのEC市場規模を理解する上でおさえておきたいポイントを5つの数字と共に解説します。この記事を読み終えた後、誰にでも具体的な数字と共にアメリカのEC市場規模が説明できるようになるようになって頂けるのではないでしょうか。 アメリカのEC市場規模は世界【第2位】 アメリカのEC市場売上規模は、中国に次いで世界第2位。これは知っている方が多かったかもしれません。ちなみに、3位イギリス、4位日本、5位ドイツと続きます。   アメリカのEC市場売上額は【52兆円】を超える アメリカのEC市場規模は、今後も拡大傾向にあり、2016年EC市場売上額は3,603億米ドル(約41兆円)、2018年には4,615億米ドル(約52兆円)を超えると予測されています。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size:...

View Post
en_USEnglish