Card image cap
アメリカの【アルコール市場】と【Eコマース】の可能性 Part 2

前回は、アメリカのEコマースにおけるアルコール市場の未成熟な現状と、いくつかの要因から、今後の成長が確実視されていることを見てきました。第2回の今回は、現在浸透しつつあるオンラインでの販売モデルを取り上げ、それぞれの長所と短所を押さえつつ、オンライン販売を妨げるアメリカ固有の規制の問題、アルコールブランドの取り組みについて紹介します。   オンライン販売モデルの長所と短所 消費者がオンラインでアルコールを購入するには、基本的に以下の4つの方法があります。 1. アマゾンのような全国的なモデル アメリカでは州ごとに様々な規制があるために、州によっては利用できない購入方法もあります。しかしamazon.comやWine.comなどのナショナルモデルならば、アメリカのどこにいてもオンラインでワインを購入することができます。こうしたプラットフォームでは、一般的な小売店よりもはるかに多い、数千から1万種類以上のワインを選ぶことができます。反面、この販売モデルで購入できるのはワインに限られ、また商品によっては手元に届くまで数日間を要する場合もあります。   2. マーケットプレイスモデル マーケットプレイスモデルでは、いくつもの店舗の中から消費者が商品を調べ、サービスや価格などを比較しながら、どこで購入するかを選択することができます。消費者にとっては便利な反面、このマーケットプレイスモデルは州によっては利用できないところもあります。   3. アマゾンフレッシュに代表されるオンライン食料品店モデル 消費者は、アマゾンフレッシュなどのオンライン食料品店を通じてアルコールを購入することもできます。オンライン食料品店モデルはナショナルモデルよりも利便性に優れており、即日配達も可能なため、夕食時にワインやビールを楽しむこともできます。反面、利用できる地域に限りがあり、また種類も...

View Post
Card image cap
アメリカの【アルコール市場】と【Eコマース】の可能性 Part 1

世界規模で拡大を続けるEコマースですが、アルコール市場は、現状では未成熟の状態にあります。しかし、アルコールのオンライン販売に対する需要は、今後、急速に増大していくものと考えられています。 ここではアメリカのEコマースにおけるアルコール市場の現状と障壁、今後の展望について、2回に渡っておとどけします。第1回目はアルコール市場の現状と、今後オンライン販売の需要を増大させる要因について紹介します。   オンラインでのアルコール販売の現状 2016年9月Nielsen Global connected Commerceの調査によると、63か国3万人超の回答者のうち、これまでにアルコールをオンラインで購入した経験のある消費者は全体の約8%にとどまっていました。 しかし、先ごろ発表されたデータでは、未だカテゴリー別での順位は低いものの、アルコール飲料の購入経験者は8%から14%へと増加しており、急速な伸びを見せていることがわかります。   世界規模 カテゴリー別オンライン購入パーセンテージ   また、国別状況を見ると、アルコール飲料をオンラインで購入する割合は、中国や日本、イギリスは20%を超えていますが、アメリカは8%にとどまっており、かなり低い数値です。 ビールに限っても、ミラークアーズ社の調査によると、アメリカではビール消費者のうち、日常的にオンラインでビールを購入する消費者は、わずか4%であるのに対し、イギリスでは34%もの消費者がオンラインで購入していることがわかっており、オンラインでの購入が定着していることがうかがえます。 その理由として、イギリスをはじめとしたヨーロッパでは、大手小売業者が非常に早い段階で、アルコールだけでなく食料品全般で、クリック&コレクト(※オンラインで購入した商品を、消費者自身が受取用のポイントで受け取る)を導入したことが挙げられます。これによって消費者は、アマゾンなどオンラインで注文した後、スーパーへ行き、店内に足を踏み入れることなくドライブスルーや店舗外で商品を受け取ることができるようになったのです。イギリスでは、このスタイルがアルコールを購入する一般的な方法になりつつあるのに対し、アメリカではクリック&コレクトがやっと浸透し始めたという段階です。...

View Post
en_USEnglish