Card image cap
Amazonプライムデー 2019 の準備を開始しよう

2015年、Amazon 20周年を記念して、Amazonプライムデーが始まりました。以降年を追うごとに注目は高まり、それに合わせて売上も飛躍的に増大してきました。2018年には全世界で1億点を超える商品が販売され、総売上は推定41億9000万ドルに達する、最大級のショッピングイベントとなっています。 2019年のプライムデーも7月15日前後に開催されるでしょう。それに向け、2019年Amazonプライムデーに参加するためには何が必要なのか、独立系販売業者が参加するメリットはどのようなものなのか、Amazonプライムデーで押さえておくべき点を見ておきましょう。   伸長を続ける アマゾンプライムデー ▼2015~2018までの全世界のAmazonプライムデーの販売額(単位は10億ドル) Amazonプライムデーは、Amazonプライム会員だけが参加できる、時間限定のショッピングイベントです。4回目になる2018年のプライムデーは、従来の24時間ではなく、7月16日の午後3時から始まり、17日深夜3時まで続く36時間のイベントとなりました。 2018年は、プライムデー当日、史上最多の人々がAmazonプライム会員に登録しました。現在1億人を超えるプライム会員ですが、割引率の高いプライムデーを狙って、今年も多くの新規会員を集めることが予測されます。   独立系販売業者がAmazonプライムデーに参加するメリット Amazonプライムデーには、全世界で200万社を超える中小規模の小売業者が参加し、10億ドル以上の売上を記録しています。独立系販売業者にとってもプライムデーはきわめて重要なイベントなのです。 多くの消費者が注目するAmazonプライムデーに参加することによって、独立系販売業者には以下のようなメリットがあります。 顧客基盤を構築することができる 売上収益の増加を見込むことができる...

View Post
Card image cap
Amazonベストセラーのすべて

Amazonでは数億点もの商品が販売されており、競合他社の商品が数多く存在します。例えば、最近人気の“Pineapple peeler”をAmazonで検索してみると、 検索結果は 649件でした。(1月24日時点)こんなに多い商品の中、似たような商品の中で、自社の商品を見つけやすいように目立たせるにはどうしたらいいのでしょうか。 その答えの1つに、Amazon ChoiceとBest Sellerが上げられます。Amazon Choice はAmazonからのおすすめということで、プライムシッピングを行っているセラーの中から、レビューや価格のデーターをもとに毎日選ばれます。Best Sellerは同じカテゴリーとサブカテゴリの中で、セールスデーターを基に選ばれます。私もそうですが、どの商品を買ったらいいのか迷ったとき、Amazon ChoiceとBest Sellerのどちらかを選択して買う人は多いのではないでしょうか? そうなると “Amazon Choice...

View Post
Card image cap
Amazon の販売オプション FBA(フルフィルメント by Amazon )とは

アマゾンが提供しているロジスティクスサービスの「FBA(フルフィルメントby Amazon)」。ECサイト業界にとって画期的なオプションであり、数多くのメリットがあると評判ですが、やはり少なからずデメリットも存在します。そこで今回は「FBA」とはどういったサービスなのか、どういった使い方ができるのか、などを考察してみたいと思います。   FBA(フルフィルメントby Amazon)の概要 Amazonが提供するサービス「FBA(フルフィルメントby Amazon)」とは、商品の発送・保管をAmazonが一任するサービスです。利用者は商品を規定に沿ってパッケージングし、Amazonの倉庫に発送、そして値付けまでを行います。その後、商品が売れるまでAmazonの倉庫で保管され、注文後の発送・カスタマーサービス・返品対応までを一貫してAmazonが行うサービスです。自身ですべての処理を行うECサイトに比べて、かなり簡単に商品を販売できるということで多くの企業や業者が取り入れています。 また、地理的な需要によってAmazonが持っているアメリカ全土の倉庫から最適な場所に商品が送られ、万全の配送体制を整えます。さらにAmazonのサイト上で、広告を使って商品をPRすることも可能です。 しかし、これだけのサービスですから『無料』というわけにはいきません。FBAにかかる費用は季節によって変動しますが、おおよそアカウント維持に$35/月、さらに各商品の値段×30%のコストがかかります。   FBAを使用するメリット(長所)とデメリット(短所)は? AmazonのFBAにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。ここでは考えられる長所/短所を挙げていきます。   <メリット> ・配送と保管すべてをアマゾンが行うため、かんたんに販売できる...

View Post
Card image cap
EC業界 全体の28%シェア!アメリカ EC 最大手 AMAZON の売上の秘密とは

アメリカでEC事業を始めるにあたって、無視できない存在がAMAZON(アマゾン)だ。「地球上で最もお客様を大切にする企業」 を理念としており、今やネットショップといえば「AMAZON」というくらいに我々の生活にも浸透している。   創業23年目を迎えた今年も勢いは衰えることなく、オンライン小売業界内での取引総額は2013年の20%から、2017年には28%のシェアまで伸ばしている。すなわちオンラインでの買い物は、約3割がアマゾンで行われているということだ。さらに純売上は528憶ドルと、業界2位で140億ドルを誇るWalmart(ウォルマート)の約4倍にもなる。 そんなアマゾンの売上の秘密を探るべく、アマゾンの売上データを見ていこう。   第1のデータ:多くの製品カテゴリで アマゾン が市場90%以上のシェアを誇る アマゾンの売上を支えるのが、驚異的な市場シェアを誇る製品カテゴリの存在だ。ECデータを集めるJumpshot社が、500以上のオンラインショップと1億台以上のデバイスによる購入履歴を追跡したレポートによれば、2018年第一四半期(1月~3月)のオンラインショップ売上の5つの製品カテゴリでアマゾンが90%以上のシェアを記録。そして続く2つの製品カテゴリも約4分の3以上を占める結果となった。 ・住宅改善用品(93%) ・男性用スポーツシューズ(74%) ・スキンケア(91%) ・バッテリー(97%) ・ゴルフ関連用品(92%)...

View Post
Card image cap
【アメリカ EC】ブラックフライデーに忍び寄る影 2018 アマゾン プライムデーの驚異の売上

アメリカでのショッピングビッグイベントといえば、やはりブラックフライデーが浮かぶのではないでしょうか?11月の第4金曜日に在庫一掃セールを行うこの日は、長年小売業において「最も商品が売れる日」とされてきました。しかし、近年ECの普及によって、Amazonが毎年7月に行う「プライムデー」がその存在を脅かしています。ということで、近年のブラックフライデーとAmazonプライムデーを比較していきましょう。   EC市場はブラックフライデー期間において記録的な成長を遂げている Adobeアナリティクスによれば2017年の「サンクスギビングデー」と「ブラックフライデー」の売上を合算すると、前年比17.9%増の79億ドル(8690億円=1ドル/110円換算)にも達しています。一方、EC市場のセール開始日である「サイバーマンデー」も、予想された66億ドルに迫る65.9億ドル(7249億円=1ドル/110円換算)の売上で、ブラックフライデーらと同様の伸びを見せました(前年比17%増)。 2018年も昨年ほどの成長率とはいかないものの、2桁成長は見込める予測されています。また、アマゾンに関して言えば、違う角度からの期待も持てそうです。Hitwise社によると、「2017年のブラックフライデーに行われたオンライン上の取引の50%以上がAmazonで行われた」というデータが出ました。Amazonのプライム会員が増えることで、この数字もさらに増えていくことが考えられます。     年末商戦(ブラックフライデー)の期間は、11月全体に 近年、ブラックフライデーに関わるセール期間が延びています。Amazonやウォルマートの小売業者の多くが、「ブラックフライデー」の数日~数週間前からセールを開始しており、11月全体を”ビッグ・セール・イベント”として扱うようになっています。消費者は「ブラックフライデー」としての1日にまだ魅力を感じていますが、ブラックフライデー後の休日に買い物に行く人も増えています。これは2018年も同じ傾向になると予測され、いつか「ブラックフライデー」という縛りが無くなるかもしれません。   2018年Amazonの「プライムデー」は過去最高の売上を記録 2018年07/16・17の2日間にわたって行われた36時間の「Amazonプライムデー」では技術的な問題が発生したにもかかわらず、売上は昨年比66%以上の増加となりました。この売上にはAmazonのプライベートブランド(ファイアースティックなど)が非常に大きく影響しました。   この「プライムデー」では開始後の63分間に、カートに商品を追加できなかったり、勝手にチェックアウトされる事態のトラブルに見舞われましたが、それでも過去最高の売上を記録することができました。というのも、Amazonの顧客はトラブルが起きたことで購入をやめることはなく、復旧した残りの約35時間で再度取引を行っていたからです。Amazonは少しのトラブルは気にしない、非常によい顧客を抱えていると言えるでしょう。 ではなぜ、Amazonの「プライムデー」はこんなにも顧客に支持されるのでしょうか?ある分析によると、2018年Amazonプライムデーで販売された商品の67%が「ブラックフライデー」で販売された商品よりも安く、さらに15%の商品は同価格であったそうです。つまり、82%の商品が「ブラックフライデー」と同等、もしくはそれ以上に安い価格で手に入れることができました。また、昨年の2017年には76%もの商品が「ブラックフライデー」よりも安く、驚異的な価格力を発揮していました。したがって、バーゲン狙いの顧客にとっては「ブラックフライデー」よりも、「プライムデー」の方が間違いなく商品を安く購入できるチャンスとなっています。...

View Post
Card image cap
消費生活スタイルにまで?Amazonのもたらす影響力とは

アメリカはもちろん、世界のあらゆる地域のEC市場をAmazon抜きに語ることはできません。日本でもAmazonの配送を担うヤマト運輸が「ドライバーへの残業代未払い問題」という形で、影響力を感じさせる出来事がありました。Amazonの影響力は、EC市場を飛び越えて、人々の生活スタイルの変化にまで及んでいます。アメリカ市場でECを展開していく上で、Amazonが消費者にもたらした影響を把握しておく必要があるのではないでしょうか。 アメリカ人はどれくらいAmazonを利用しているか? そもそもアメリカEC市場ではAmazonはどれくらい利用されているのでしょうか。Marist pollによると、実に2/3近くのアメリカ人が「Amazonでオンラインショッピングの経験がある」と答えています。これは、アメリカのオンラインショッピング人口の92%にあたり、ほぼ全員に近いということができます。また、オンラインで買い物をする際に、多くの人が「まずはAmazon」で買い物を始めることもわかりました。   また、アメリカのオンラインショッピング人口の約30%が「少なくとも月に1回」はAmazonを利用していると答えています。この割合は、Amazonプライム会員になると、約40%に上昇し、Amazonでの買い物が日常生活に根付いていることが伺えます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
Card image cap
Amazonで販売する企業としない企業の販売戦略の違い

Amazon.comの巨大さ故に持たれる先入観 米国進出を考える企業とのやり取りをする機会が多く、米国での販売経路を検討するにあたり、このような質問をもらうことが頻繁にある。   “Amazon.comで販売するべきかどうか、迷っている。” そもそも、Amazon.comでの販売に迷うポイントは「価格競争に陥る恐れがある」「手数料が高い」に加え、「ブランドイメージの低下につながりそう」という理由を聞くことが多く、オンライン販売は自社サイトに絞った展開をする日系企業も多いように感じる。しかし、本当にAmazon.comに商品を掲載し販売することにより、ブランドイメージにネガティブな印象を与えるのだろうか。今回はそのAmazon.comを販路として考えた際、ブランドに与える影響にフォーカスして整理してみたい。   Amazon.comの存在 10年以上前はまだAmazonで購入をするユーザーは限られていたかもしれない。少なくとも2017年現在のような、米国市場全体のEC売上シェア約50%をAmazon.comが占めるような環境ではなかった。年間99ドルへと値上げをしたプライム会員も2017年9月現在では会員数が9000万人におよぶ。今では誰もが認める最大のマーケットプレイスだ。米国での販売経路としてAmazon.comを選ぶことはごく自然のことのようにも思えるが、あえて販売をしない企業にはどのような理由があるのだろうか。 米国プライム会員数の推移(百万単位) ブランドイメージが下がるという考え方 そもそも”ブランドイメージを低下させる”という印象はどこから生まれているのか。 いくつかの視点で探ることにした。     [popup_trigger...

View Post
en_USEnglish