Card image cap
【アメリカEC】アパレル業界で成長を続けるプラスサイズ婦人服市場

アパレル製品の消費は、全世界で堅調な伸びを続けていますが、その中でもひときわ目立っているのがプラスサイズ婦人服市場です。中でも今後の急速な伸長が見込まれているのが、Eコマースの分野です。 ここではプラスサイズ婦人服市場の概況やEコマースが活況を見せる背景、今後の消費者動向などをご紹介します。   プラスサイズ婦人服市場、2018-2026年の平均成長率は4.4% 2017年、世界のプラスサイズ婦人服市場は1,652 億ドルに達し、2018年から2026年にかけては平均成長率4.4%が見込まれることが明らかになりました。 プラスサイズの部門は、アパレル業界の中でも際立った成長を遂げています。消費者は、プラスサイズであってもほかのサイズと同様の、ファッション性と豊富な種類を求めており、小売業者は、プラスサイズ専門のブランドを立ち上げることで、それに応えようとしています。このような需要の高まりと、企業側の努力によって、プラスサイズ婦人服市場は今後、売上を拡大させていくことが予測されています。   高まる需要とプラスサイズ婦人服特有の問題点 18歳から65歳のアメリカ人女性の過半数が、サイズ14(※日本の17号、XLに相当)以上を着ています。そしてこの割合は、多くのアメリカ人の食生活やライフスタイルの変化によって、今後一層増えていくことが予想されています。 ところが現状では、プラスサイズ婦人服の総売上高は婦人服全体の売上高の5分の1にも満たない状況にあります。というのも、長年にわたってブランド、デザイナー、小売業者はいずれも、ファッショナブルなプラスサイズのスタイルを提供できずにきたからです。プラスサイズというと、せいぜいがトップスやワンピース、レギンスに限られてきました。 ハイエンドのデザイナーズブランドの多くは、サイズの大きな服の製造に積極的ではありません。 また、製造面からみても、プラスサイズの服を作ることは困難を伴っています。平均的なサイズを拡大するだけではフィット感を生み出すことはできず、プラスサイズの服を作るには、技術やデザイン、製品開発の面で特殊な技能が要求されるからです。しかもプラスサイズの服を生産するためには、布地をはじめとしてより多くの製造コストがかかるという問題もあります。 しかし、小売業者はプラスサイズ人口の増加と需要に応えるために、さまざまな対応策を取っています。たとえばWalmartは、14歳以上のプラスサイズ女性専用ブランドEloquiiを買収し、またプライベートブランドのTerra&Skyを立ち上げました。その他のブランドも、プラスサイズの品ぞろえを強化するために、さまざまなアプローチを取っています。  ...

View Post
Card image cap
EC ファッション業界の傾向、そして未来とは?

デジタル技術の革新、国際化、消費者の支出変化により、ファッション業界は荒波へ巻き込まれている。そんな中、現在のEコマースファッション業界がどこにいて、どこに向かっていくのか、さまざまな角度から探っていこう。   現在のEコマースファッション業界の売上関連データ ファッション&アパレル製造レポートによると、全世界のEコマースファッション業界の売上は2018年の53.1兆円から、2022年には71.3兆円まで伸びると予想されている。この著しい成長には4つの大きな機会が関係しているという。 ・西洋以外への国際市場の拡大 ・オンラインアクセスの増加とスマートフォンの普及 ・可処分所得を持った世界の中流階級層の出現 ・体験型オンライン購買システムをつくる技術革新 また、購買力を持った潜在的な消費者の数も2020年には1200億人を超えると予想され、その消費者の多くが16~24才および25才~34才の若い世代になるそうだ。このデータはオンラインファッション業界にとって確実に追い風となるだろう。   そして、大手百貨店や小売業者を介さない、顧客への直接販売(direct-to-consumer)の割合も、比較していくと2027年以降には直接販売の割合が最も高くなっていくと予想されている。   Eコマースのカギは、やはり個人に寄り添ったサービスの提供 「消費者の個人化」 「消費者の個人化」というのは、ITを使ってユーザーごとのデータを管理し、個人個人に最適な商品やサービスを提供することを指している。Amazonにおける「あなたにおすすめ」のようなシステムだ。そして、ノスト氏による最近の...

View Post
en_USEnglish