Card image cap
アメリカ アパレル市場 – Amazonが選ばれる理由

オンラインマーケットで圧倒的なシェアを誇るAmazon。その勢いはとどまることを知りません。Amazonは2017年インターネット小売業者トップ500企業において1位を獲得しました。米Amazonのアパレル産業への参入は、ライバル企業にとって脅威になりつつあります。 このような現状から、アメリカでアパレル事業展開している企業は、今後Amazonのようなマーケットプレイスを利用した販売戦略が必至になるでしょう。   アパレル市場における消費者動向と変化 大手百貨店からECサイトへの推移 アパレル事業展開している企業の現状と推移を見ていきましょう。Coresite Researchのレポートによると、アメリカ大手百貨店のターゲット(20位)、メイシーズ(6位)、J.C.ペニー(33位)におけるアパレル部門の売上が伸び悩んでいます。 調査対象者の20%以上がMacy’sやJ.C. Penneyなどのアメリカ大手百貨店を離れて、Amazonでアパレル商品を購入するようになったと答えており、売上のシェアが百貨店からAmazonへ推移しています。 調査によると、Amazonのファッション部門はウォールマートに次いでターゲットとともに、アメリカのアパレル小売業者において第2位となっています。Amazonのファッション産業は、既存のECサイトのメンバーである顧客層から支持を受けています。調査対象であるアパレル消費者の46%、(Amazon)プライムメンバーの約3分の2の顧客層が、過去1年の間にAmazonで衣類や靴を購入しました。 近年、アメリカのEC事業はアパレル産業に大きな影響を与えており、売上の伸びに大きく関わっています。そのため、ECサイトにおける幅広い顧客層の獲得が重要になってきます。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
en_USEnglish