Card image cap
【アメリカEC】おもちゃ・玩具市場規模~2018年版~

おもちゃ・玩具業界を牽引しているアメリカでは、毎年たくさんのおもちゃが開発・販売されており、北米最大の国際玩具見本市であるニューヨーク・トイフェアには、世界各国の新しいおもちゃが出店されます。そんなアメリカのおもちゃ・玩具市場規模、そしてEコマース市場の動向についてご紹介します。   ■アメリカのおもちゃ・玩具市場規模 2015年のデータですが、アメリカのおもちゃ・玩具市場は255憶ドルで2位に約2.6倍の差をつけての1位です。続いて2位は中国(95憶ドル)、3位が日本(55憶ドル)です。近年は中国市場が拡大していますが、2017年時点でもアメリカは世界第1位のおもちゃ・玩具市場であることに変わりありません。   2015年 世界のおもちゃ・玩具市場規模   アメリカのおもちゃ・玩具市場が非常に大きいことはわかりましたが、最近はどのようなおもちゃが人気なのでしょうか?2017年上半期と2018年上半期のおもちゃの売り上げを種類別に比較したデータをご紹介します。   まず、アメリカのおもちゃ・玩具市場全体で2017年上半期よりも売り上げ合計が7%増加しており、市場規模が着実に拡大しています。 カテゴリ別にみていくと、昨年から変わらず、「アウトドア・スポーツ」カテゴリのおもちゃが全体の約25%の売り上げを占めており、市場を牽引しています。「人形」カテゴリのおもちゃは前年比17%増で、ついに10憶ドルを超えました。個人的な印象ですが、アメリカでは日本よりも「人形」で遊ぶ子供たちが多いと思います。バービー人形はもちろん、最近ではアメリカンガールという人形がとても人気で、人形に付随した本やDVDの販売も好調のようです。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
en_USEnglish