EC Tag

transcosmos America / Posts tagged "EC" (Page 2)

コロナ禍で注目を集めるD2Cとは

コロナウイルスによって私たちの日常が大きく変化したことで、企業側も戦略について見直す必要性が生じました。その中で各社の注目を集めているのが「D2C」です。今回はそのD2Cとはいったい何なのかを解説し、メリットとともにD2Cの活用事例をいくつか紹介していきます。

ECビジネスでポップアップショップを出店するメリットとは

ECサイトを運営する中で、期間限定のポップアップショップを検討したことはありますか?ポップアップショップを利用すると、ブランド認知を高めたり潜在的な顧客を獲得することができます。今回は、そんなポップアップショップについて紹介したいと思います。

【2020/2021年版】EC トレンド予測

EC業界は年々その規模が右肩上がりに伸びていますが、スマートフォン利用者の増加やスマートスピーカーの登場などにより、購入方法やアクセス方法は変わってきています。そこで今回は2020年、2021年のEC市場の最新情報、今後のトレンド予測をご紹介します。

b8taとは~アメリカでEC事業を拡大するための店舗活用~

アメリカでのEC事業拡大には実店舗を通じた商品販売やPRが重要になります。実店舗による商品の販売や宣伝はEC市場で大きな存在感を示すAmazonも取り組んでいる内容であり、どのEC事業者であってもその意図や効果を認識しておかなければいけません。そこで今回は、なぜ実店舗での商品販売やPRが重要なのかという内容を解説するほか、実店舗で商品を販売・PRする一つの方法として「b8ta」を紹介します。

コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違いを解説!

調査によれば、「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」を上手く正確に使いこなせている企業は10%にも満たないそうです。つまり、この二つの要素を使いこなすことができれば、ビジネスで他社にリードできる可能性があると言えるでしょう。今回はその意味が混同されてしまうことも多い「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」その二つの内容や特徴・違いについて解説します。

カリフォルニア州の個人情報保護に新たな動き! プライバシー保護の新法案CPRAとは?

米国カリフォルニア州で施行されている、消費者のプライバシー権を保護する法律・CCPA(California Consumer Privacy Act)は2020年7月に施行されたばかりですが、早くもそのアップデート版である法案・CPRA(California Privacy Rights Act)が検討されています。CCPAよりもさらに厳しいと言われるCPRAがカリフォルニア州でのビジネスにもたらしそうな影響についてまとめました。

withコロナ・after コロナにBOPISで適応する

新型コロナウイルスの世界的な拡大は人命のみならず経済にも大きなダメージを与えています。特にコロナウイルスによって不要不急の外出を避ける人が増えたことで小売業において大きな問題が生じています。

今回は厳しい状況が続く小売業の救世主となり得るBOPISの重要性について紹介します。