Blog

transcosmos America / 最新アメリカEC動向  / ECビジネスでポップアップショップを出店するメリットとは

ECビジネスでポップアップショップを出店するメリットとは

ECサイトを運営する中で、期間限定のポップアップショップを検討したことはありますか?ポップアップショップを利用すると、ブランド認知を高めたり潜在的な顧客を獲得することができます。今回は、そんなポップアップショップについて紹介したいと思います。

 

ポップアップショップとは

ポップアップショップは、一時的な販売実店舗のことです。通常、ECでしか販売しないようなブランドが、期間限定で実店舗を出店します。ポップアップショップの品揃えだけを見ると、ECサイトと変わらないように見えるかもしれません。しかし、品揃えが同じだったとしても、ポップアップショップにしかない体験・仕掛けが用意されているのが特徴です。

実店舗をもたないECサイトの場合、ポップアップショップを利用することでさまざまなメリットがあります。

 

ポップアップショップ出店のメリット

では、ポップアップショップを出店するメリットはどのようなところにあるのでしょうか。4点紹介します。

 

①ブランドの認知度や新製品・コレクションの認知度を高められる

まずは、ブランドの認知度を高められることです。ポップアップショップは、通行人の目をひいたり、話題性を提供できます。SNS等で拡散されたり、口コミが広がればブランドの認知度が高められるでしょう。「期間限定」など希少性の高いイベントや、「限定品」なども、認知度を高めることにつながります。

ちなみに、認知度を高めるためには期日への工夫も必要です。ポップアップショップの宣伝をする場合には、具体的な開始日と終了日を示すようにしましょう。そうすることで、顧客にとって緊急性の高いイベントになりるため、認知度を高められる可能性もあるでしょう。

 

②オフライン販売のテストとして利用できる

ポップアップショップは、実店舗をつくるよりも先行投資が少なくすみます。そのため、オフライン販売のテストとして利用することができるでしょう。実店舗へと販売チャネルを拡大する前に、オフライン販売の効果があるかどうかを検討することができます。

 

③繁忙期に合わせて出店し売り上げを伸ばす

2017年のデータですが、ホリデーセールの84%が実店舗で行われているというデータがあります。ブラックフライデーやサイバーマンデー等の繁忙期に合わせてポップアップショップを開業すると売り上げを伸ばせるでしょう。

 

④新しい商品をテストする

今までにない商品を販売しようと考えている場合にも、ポップアップショップはおすすめです。ポップアップショップ限定の商品であれば、数を多く作る必要もなくなるので、在庫を抱えるリスクが下がります。実際に顧客の反応や売り上げを確認することで、その商品を本格的に販売するか判断ができるでしょう。

 

メルマガ登録はこちら

 

ショップの会場を決める際に注意すること

最後に、ショップの開業場所を決める際に注意することを3つ紹介します。

 

①アクセスしやすい場所にする

まずは、アクセスしやすい場所を選びましょう。ポップアップショップは、ブランドのターゲットとなる顧客が多く集まる地域で、人通りの多い場所を選ぶのがおすすめです。車でアクセスする場所の場合には、駐車場が多く確保できる場所にするとよいでしょう。

 

②看板が使用できるか確認する

建物によっては看板を設置できないこともありますので、事前にポップアップショップの看板を設置できるかを確認しましょう。

 

③Wi-Fi接続があるか確認する

見落としてはいけないのがWi-Fiです。Wi-Fiが店内にあると、顧客がポップアップショップに無い商品も検索して購入できます。また、SNSでのシェアもしやすくなるでしょう。

 

まとめ

今回は、ポップアップショップについて紹介しました。出店を検討されている場合には、参考にしていただけると幸いです。

 

アメリカEC事業サービスについて Eコマース サクセスマネージャーへ相談する

出所:Adding a pop up store to your eCommerce business
Pop-Up Shops 101: Everything You Need to Know to Try Temporary Retail


著者: Daisuke.S

Eコマースソリューション営業
在米12年。トランスコスモスにおけるコールセンター事業運用のバックグラウンドを持ち、現在は日系企業を対象にECによる米国進出を営業の立場から支援。