マーケットプレイス比較 Amazon vs eBay

transcosmos America / Amazon  / マーケットプレイス比較 Amazon vs eBay

マーケットプレイス比較 Amazon vs eBay

EC事業の発展に伴い、Eコマース参入を考えている経営者の方が増加しています。しかし、実際にどのチャンネルを通してEコマースを始めれば良いのか分からない方が多いようです。

商品やEC事業のスタイルに合ったマーケットプレイスを選択する事は、EC事業の成否に直結します。

今回は、AmazonとeBay2つのマーケットプレイスを異なる視点から比較します。

どちらもEコマースに対してサービスを提供している点では同じですが、マーケットプレイスとして異なる特徴があります。貴方のEC事業に最適なのはどちらか、決定付ける参考にして頂ければと思います。

 

AmazonでのECは競争率高め

どんなビジネスでも、市場にいる競争相手を把握することは絶対に必要です。

近年のAmazonは、大手卸売業にも参入を促してる事から、個人のみならず、大企業も競争相手になりかねません。EC発展に伴い、EC事業に乗り出し始めている大手が増加中で、その多くはAmazonを利用しています。その為、eBayに比べるとAmazonは競争率が高い傾向にあります。AmazonでEコマースを成功させるには、商品の値段のみならず、配送やカスタマーケアなどのサービス面など、あらゆる要素で顧客を満足させる必要があります。その為、Amazonを利用して利益を生みだす為のハードルは高まっています。

 

ブランディングやレア商品を扱うなら eBay が良い

eBayはAmazonに比べると縛りがゆるく、商品や販売方法に個性を出しやすいメリットがあります。その為、eBayはブランディングに適したチャンネルといえるでしょう。

また、eBayにはオークション制度も存在します。中古商品やレアな商品の値段が爆発的に跳ね上がる事もあり、予想以上の利益に繋がるケースもあるようです。

ユニークである事や希少性がeBayでは大きな価値を生み出す手助けになるでしょう。

 

マーケットプレイス に求められる顧客ニーズの傾向

いかなるビジネスでも、顧客のニーズを知り、それを満たす事が成功の秘訣となります。AmazonとeBay、どちらも億単位で顧客が存在しますが、顧客がマーケットプレイスに求めるニーズには違いがあります。

一般的に、Amazonの顧客は合理的で、送料無料で、より安い商品をより素早く手にする事を望んでいる場合が多いようです。

一方eBayでは、1点物やビンテージ物などの希少性の高い商品、良質な商品が好まれる傾向があるようです。売買の際のコミュニケーションも重要です。機械化された迅速なサービスに代わって、心のこもった柔軟性のある対応やコミュニケーションでも顧客の満足度を高められます。

メルマガ登録はこちら

グローバルなECには eBay が有利

Amazonは地球上に11ヵ国のマーケットプレイスを保有しているのに対し、eBayはなんと25ヵ国でマーケットプレイスを展開しています。また、eBayは各国それぞれの言語に対応しているので、国際的により幅広い地域でECが可能です。今後、Amazonもより国際的にマーケットプレイスを展開するそうですが、現時点ではeBayに軍配が上がります。

 

FBAの Amazon か、個別フルフィルメントの eBay か

ECビジネスで非常に重要な役割を果たすのがフルフィルメントです。フルフィルメントには在庫の管理から包装、配送、場合に応じてはカスタマーサービスも含まれます。AmazonはFBA(別の記事参照ーリンク)によって業務委託するフルフィルメントの代行サービスがあります。

一方、eBayはフルフィルメントは完全に売り手次第で、特別なサービス提供はしていません。eBayは在庫管理から包装、配送を全で個人で行う必要があります。第三者の代行サービスを見つける事は可能ですが、FBAのコストパフォーマンスやサービスの質では劣ってしまうでしょう。

 

コストをかけてハイリターンを狙うなら Amazon

Amazonにはビジネスアカウントがあり、セットアップには時間と手間が掛かりますが、有利にECを進められるメリットがあります。Amazonを利用したEコマースは、販売方法、配送方法、広告の有無などによってROI(投資利益率)が大幅に左右されますので、ビジネスセンスが問われます。どのようにコストを掛けてECを行うのかを賢く検討する必要があるでしょう。大きな規模での投資が可能なら、それ以上のハイリターンを期待できるはずです。

 

小規模や初心者のEC事業にはeBayが好ましい

Amazonで商品を売りに出す際は、商品を細かく分類する必要があります。しかし、ビジネスアカウントを持っていない場合に利用できるカテゴリーの数は20で、(ビジネスアカウント取得者は38)制限が掛かり、競争率が低下します。

一方eBayのアカウントに差別化が行われていません。カテゴリーは2万以上あり、マーケットプレイスで扱える商品のバリエーションが非常に豊富です。Amazonで売りに出せない商品でも、eBayでは「該当なし」にカテゴライズすることで、売りに出す事が可能です。

Amazonはアカウントセットアップや商品の売り出しに時間と手間が掛かるのに対し、eBayはスタートアップが非常にシンプルです。在庫に限りがある場合でも直ぐにECを開始できるので、初心者や小さなスケールでECを始める方でも利益を生みだしやすいメリットがあります。

 

まとめ

AmazonとeBayの異なる点をご理解頂けましたでしょうか?

大きな規模で、大きな利益を狙うなら、マーケットプレイスをAmazonに限定してFBAを賢く利用しながら行うECが最適でしょう。

しかし、商品のブランディングやカテゴライズ方法、売り手側の差別化など、Amazon流の型にフィットしない商品やEC事業も存在しますので、これらはeBayで勝負するべきでしょう。

個人や小規模なEC事業は、簡単に始められて、競争率が比較的穏やかなeBayで始め、まずはEC事業を軌道に乗せる事を目指すのが良いかもしれません。

Eコマース開始を検討している経営者の方は、商品やEC事業のスタイルに合わせてマーケットプレイスを選択する事が重要です。ただ闇雲にチャンネルを増やすと、フルフィルメントの負担に振り回されかねないだけでなく、投資利益率が低下してしまいます。チャンネルを増やすのは、一つのマーケットプレイスでECを成長させ、安定してからでも遅くはないので、まずは自分のECに最適なチャンネルで展開するのが良いでしょう。

参考:Selling on Amazon vs Ebay | Where to Sell & Why


著者:Shunji.O

大学を卒業後、アメリカでインターンシップをするため渡米。トランスコスモスアメリカでは、ECマネージャーのアシスタントとしてEコマースの勉強中。アメリカのECについての知識をブログで共有しています。


 

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.