Blog

transcosmos America / 最新アメリカEC動向  / 【Google アナリティクス4】ユニバーサルアナリティクスとの違いと新機能

【Google アナリティクス4】ユニバーサルアナリティクスとの違いと新機能

2020年10月、従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)に新世代のGoogle アナリティクス 4が登場しました。本記事は従来のユニバーサルアナリティクスとGoogle アナリティクス 4の違いに焦点を当て、Google アナリティクス 4の特徴を紹介します。

変更点1. すべてイベントとして測定されるようになった

従来のユニバーサルアナリティクスでは、以下のようにそれぞれ測定されていました。

  • ページビュー(あるページが閲覧された回数)…ページビューとして測定
  • イベント(ユーザーがWebサイト内でクリックしたり、動画を再生するなどの行動を起こすと「イベント」が発生し、その都度測定される)…イベントとして測定
  • ECサイトのトランザクション(注文数)…トランザクションとして測定

Google アナリティクス 4ではすべて「イベント」として測定されます。あるWebページを閲覧しても、動画を再生しても、ECサイトで注文を行っても、すべて「イベント」として測定されるようになりました。

 

変更点2. ユーザー行動を詳しく追えるようになった

ユニバーサルアナリティクスでのイベントでは、たとえばファイルのダウンロードやCTAボタンのクリックなどのマイクロコンバージョン(購入など最終的なコンバージョンに至るまでの小さなコンバージョン)のデータは、Googleタグマネージャーを使用して個別に設定しなければ、取得することができませんでした。しかし、Googleアナリティクス4では、タグマネージャーを使ったり、コードを書いたりすることなく、以下のイベントのデータを取得することができます。

 

Google アナリティクス 4のイベントには4つのカテゴリーがあります。

  • 自動的に収集されるイベント…ユーザーが最初にWebサイトやアプリとのセッションを開始したタイミングで発生します。ユーザーが初めてWebサイトを訪れたり、10秒以上Webサイトに滞在した場合などのイベントが測定されます。
  • 測定機能の強化イベント…Google アナリティクス 4プロパティの管理ページで強化イベントを測定するかどうかをONかOFFかで設定することができます。強化イベントとして設定できるものを紹介します。
    • ページビュー(これはOFFにすることはできません)
    • 離脱クリック(現在のドメインから移動するたびに記録されます)
    • Webページのスクロール
    • サイト内検索
    • 動画エンゲージメント
    • ファイルのダウンロード
  • 推奨イベント…Googleによって定義されたイベント名とパラメーターを自分で実装するイベントです。
  • カスタムイベント…自分で定義し、実装するイベントです。

ユニバーサルアナリティクスのように特別な設定をしなくても、4つのカテゴリーの内の「自動的に収集されるイベント」と「測定機能の強化イベント」の2つを活用するだけでも、ユーザーの行動を詳しく追えるようになりました。

 

 

変更点3. レポートの表示の仕方が変わった

データの取得方法が変わった結果、レポートもすべて「イベント」として表示され、従来のレポートの表示方式とは大きく異なっています。そのため、慣れるまでは時間がかかるかもしれません。

また、Googleアナリティクス4では、分析Hubとして分析機能が新たに加わり、データの分析が重視されています。

 

変更点4. ユーザーの識別方法が変わった

ユニバーサルアナリティクスまで、GoogleはCookieベースの測定方法を取っていました。ユニバーサルアナリティクスを設定したWebサイトからユーザーのブラウザにCookieを送信し、Webサイト上のユーザーのアクティビティを記録するという方式です。

Googleアナリティクス4では、Googleシグナルという機能を使います。Googleシグナルは、アカウントにログインしているユーザーIDを元にユーザーを特定する機能です。

Cookie方式では、1人のユーザーが異なるデバイスでアクセスした場合、別々のユーザーとして認識しますが、Googleシグナルを元にしたユーザーの識別方法では、ユーザーの重複を排除することができます。

 

Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスの併用を

Googleアナリティクス4は、ユニバーサルアナリティクスとはデータの取得方法が異なるため、得られるデータも異なります。特にコンバージョンにつながるWebページでのユーザー行動を把握したい場合は、Googleアナリティクス4は大きな助けになるでしょう。

反面、これまで取得したデータを今後も活用したいと考える場合には、ユニバーサルアナリティクスは十分に役に立ちます。そのため現状ユニバーサルアナリティクスを使用している場合は、ユニバーサルアナリティクスを活用しつつ、Googleアナリティクス4も導入し、並行してデータを取得することをお勧めします。

 

 

出所:Events in GA4 vs UA
Comparing Universal Analytics to Google Analytics 4: 15 Key Differences to Know


著者: Ami.T

日本の大学を卒業後に渡米し、幅広くデジタルマーケティングの経験を積む。現在はトランスコスモスアメリカでEコマース事業に従事し、いつもアメリカの最新Eコマース事情やデジタルマーケティング手法、市場動向にアンテナを張り、新しい施策を積極的に試みています。