Blog

transcosmos America / 最新アメリカEC動向  / 外部委託によるスケーラビリティの獲得

外部委託によるスケーラビリティの獲得

企業が成長するにつれて、顧客の規模や顧客の企業に対する期待は大きくなっていきます。このような変化に対して、先手を取ってビジネスモデルを適応させることは、その後の継続的な企業成長に不可欠です。低コストで効率の良いビジネスモデルにシフトさせることができれば、大きな利益を得ることができます。今回はこのような理想的なビジネスモデルのシフトを実現するために有効な外部委託(アウトソーシング)について、紹介していきたいと思います。本記事を通して、外部委託によるメリットを理解していただき、外部委託の利用を検討していただければと思います。

外部委託のメリット①:低コストの実現

スケーラビリティの獲得に係るコストは「技術的なコスト」と「物理的なコスト」に分けて考えることができ、これらを抑えるうえで外部委託は非常に役に立ちます。

具体例として、社内にコールセンター部門を設置する場合を考えてみましょう。自社内に新規で部門を設置するためには、その部門で必要となるツールや人材、スペースを新たに準備する必要があり、大きなコストが発生します。一方で、前述のようなリソースをすでに備えている外部企業に委託すると、初期費用及び維持費用を比較的抑えることができます。外部委託により浮いた予算を製品開発など別の部分に投資することができる点は外部委託の大きなメリットと言えるでしょう。また、外部委託としてプロフェッショナルの力を借りることができるので、顧客満足度向上が期待できる点も魅力的です。

 

外部委託のメリット②:高効率の実現

外部委託によるメリットの2つ目は事業経営を効率化できる点です。様々なチャネルでたくさんのノウハウを蓄積してきた外部委託企業の力を借りることで、より正確な顧客分析ができ、的確な経営を実現することができます。また、外部委託の利用によって、固定費はそのままに自社の社員をコア業務に専念させることができます。これにより、社内の生産性向上が期待できます。このように、各主体にそれぞれが得意とする業務を割り当てることで、効率的な経営ができる点は外部委託のメリットと言えます。

 

 

外部委託のメリット③:専門知識の活用

外部委託は、人手不足による超過業務の解消に役立つだけではなく、社内で不足している専門知識の充足にも役立ちます。専門知識を備えたプロフェッショナルの力を借りることで、知識不足によって顧客満足度を低下させてしまう事態を回避できる点は外部委託のメリットです。そのため、外部委託先を選ぶ際には、費用面だけを比較して決めるのではなく、自社内に欠けているスキルに強みを持っている企業を外部委託先として選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

今回はスケーラビリティの獲得に役立つ外部委託について紹介しました。スケーラビリティの獲得に役立つ外部委託の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
トランスコスモスアメリカでは、お客様企業の事業を支援しています。
弊社がアメリカで培ってきた経験と専門知識を活かして、御社のコンタクトセンターやEコマース業務を効率化しませんか?詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

Source:How to Ease the Pain of Scaling Your Contact Center
How Outsourcing Improves Agility and Scalability in Business


著者: Greg.B

コールセンター業務とビジネスユニットの活性化において25年の実績のあるエグゼクティブ。
経歴業務の非効率性を特定し、社員モラルと企業文化の変化の活性化を促進することにより、数百万ドルの利益を生み出すことに成功。