Eコマースマーケティングにおける戦略の構造 ~ 一歩ずつ着実なマーケティングにするために~

transcosmos America / デジタルマーケティング  / Eコマースマーケティングにおける戦略の構造 ~ 一歩ずつ着実なマーケティングにするために~

Eコマースマーケティングにおける戦略の構造 ~ 一歩ずつ着実なマーケティングにするために~

Are you worried about not being able to feel the effects of your marketing activities, such as the fact that you have invested in influencers to increase sales but the results are not visible in the form? Those who have such concerns may not understand the structure of e-commerce marketing. This time, I will explain its structure and introduce what kind of activities are required at each stage.

What is the E-Commerce Pyramid

As mentioned above, e-commerce marketing has a structure, but it is a “pyramid structure”. If you know such a structure, you can understand that the effect will not be effective unless you carry out marketing activities in stages from the lower layers to the upper layers.
When expressing the structure concretely, from the bottom layer, it is divided into stages such as “review of in-house products, brands and sites”, “utilization of e-mail magazines”, “attracting online advertising”, “improving efficiency with data”.

E-commerce pyramid

the first stage

No matter how wonderful a product or service is provided and a good brand image is established, it is meaningless if the customer does not know it. The thing to do there is to maintain the website. Appropriate UI, UX (User Interface, User Experience) is important for a better website.
In other words, check whether the company’s website is in a state where “no time lag occurs,” “no links are broken,” “SEO measures are taken,” and “there is no discrepancy between the direction of branding and the design.” Let’s In addition to this, the most important thing is “is it compatible with mobile terminals?” This point can be said to be the most important item as more and more customers try to acquire information from smartphones over the years.

Second stage

次にEメールを活用して自社への認知を定着させましょう。自社サイトを訪れた人にメルマガ受信を勧めるメッセージを表示します。この際に注意すべきことはスパムメールと勘違いされないようにすることです。具体的には季節限定キャンペーンやイベントのタイムスケジュール、新商品に関するもの等を情報として盛り込むと良いでしょう。

Click here for e-mail magazine registration

第三段階

この段階まで到達したら、様々なプラットフォーム上で有料広告を活用しましょう。主にpaid search(検索広告)とpaid social(SNS広告)の二つに分けられますが、両者に共通していることは潜在的な顧客に自社との接点を提供している点になります。ある程度の費用は掛かりますが広範囲への効果が期待でき、多くの人に自社への関心を持ってもらえる可能性があります。このとき、各プラットフォーム上の広告がブランドイメージと一貫性を持つようにすることがポイントです。

第四段階

最終段階では第三者の評価を用いて、自社のイメージ向上に努めましょう。人は他人の意見によって自分の意見が左右されるため、第三者の評価はマーケティングにおいて非常に重要な意味を持ちます。現代ではインフルエンサーを利用して商品レビューを拡散する手法が主流ですが、ここで、そのインフルエンサーが活動しているプラットフォームはどのような特徴を持っているかに注意する必要があります。各プラットフォームによってユーザーの年齢層、男女比、その利用目的は異なるため、これらの特徴をもとに最適なインフルエンサーを選択し活用しましょう。

まとめ

デジタルマーケティングは日々刻々と変化しています。しかしその変化は突発的なものではなく根本的な部分から徐々に変化していくため、Eコマースピラミッドの構造について理解したうえでその変化に適応していくことで、変化後も効果的なマーケティングを続けることが可能になります。Eコマースマーケティングでつまずいた際には、是非本記事を参考にしていただけたら幸いです。

Talk to an e-commerce success manager about US e-commerce business services

出所:Helping Business Owners Understand the eCommerce Pyramid


著者: Shunji.O

大学を卒業後、アメリカでインターンシップをするため渡米。トランスコスモスアメリカでは、ECマネージャーのアシスタントとしてEコマースの勉強中。アメリカのECについての知識をブログで共有しています。


No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.