デジタルマーケティング

transcosmos America / デジタルマーケティング

注目の広告分析ツール、Amazonアトリビューションとは ~広告評価を適切に行うために~

利益を伸ばすために、広告活動の見直し作業は必須です。実際に売上に貢献した、すなわち広告効率の良かった広告に重点的に投資し、一方で広告効率の良くなかった広告からは撤退する。これは今も昔も変わらず、広告活動を行う上での基礎とされています。しかし、ECサイトでの販売が普及するにつれて、広告効果に関する評価方法について、改めるべきであると考えられるようになってきました。今回はECサイトでの販売が普及した現代の広告評価に役立つツールであるAmazon アトリビューションを紹介します。

トライしたい! ペイドメディアの5つの利点とは?

狙ったオーディエンスに最適なタイミングで広告を届けられるスマートさが魅力のペイドメディア。日々複雑化しているためにハードルが高いイメージもありますが、明確な利点がいくつもあります。この記事では、ペイドメディアの強みをご紹介します。

マーケティングが生み出すハロー効果でブランドイメージを高めよう

ハロー効果とは認知バイアスの一種で、ちょうど「身なりのきちんとした人は、人間的にもきちんとした人だろう」と思い込んでしまうような傾向を指しています。1つの特徴を見ただけで全体を理解した気持ちになるハロー効果を、マーケティングは古くから利用してきました。

Afterコロナ時代のマーケティングトレンド ~抑えるべき6つのポイント~

私たちの生活を根本から激変させた新型コロナウイルスが蔓延し始めて、およそ1年が経過しました。今もなおコロナウイルスの勢いは衰えを見せず、猛威を振るっています。そういった時代においても引き続き事業を拡大していくためには、コロナウイルスによる消費者・市場の変化を予測し、それに対応したマーケティングを行うことが重要となります。今回はAfterコロナ時代のECマーケティングで注目すべき6つのポイントを紹介します。

新時代の消費者・Z世代の特徴を掴んだマーケティングとは?

新しい消費者として注目されているZ世代(Gen Z)。これまでの世代とは異なる購買行動をとるZ世代には、他世代とは異なるマーケティング戦略が必要です。Z世代とはどんな人たちなのか、どんなマーケティング手法が有効なのかをまとめました。

 

高まる個人情報保護への関心 ~CCPA、IDFAの観点から~

インターネットの普及、IOTの進展により、インターネットが人々の生活に欠かせないものとなった今、デジタル上での個人情報の取扱いに注目が集まっており、個人情報の保護を強化しようという風潮が世界的に高まっています。この風潮に基づく具体的な取り組みとして、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)による取締りやApple社のIDFAの取扱い変更などが挙げられます。
ではこれらの変更によって、ビジネスシーンにはどのような影響があるのでしょうか?
CCPA、IDFAの2つの例をもとに紹介していこうと思います。

最先端のマーケティング手法「ABM」とは?

米国でここ数年注目を集めているBtoBのデジタルマーケティング手法「ABM(アカウントベースドマーケティング)」。従来の手法に比べて費用対効果が高く、アメリカではすでに多くのBtoB企業が実践しています。知っておきたいABMの特徴や実践方法を紹介します。

Amazonでの広告効率化に役立つおすすめツール!

マーケティングにおいて最重要と言っても過言ではない「広告による集客」ですが、それは同時に苦戦することが多いポイントであることも事実です。今回はそんな広告集客を助けること間違いなしのおすすめツールを紹介します。

たくさんのツールがありますが今回はその中でも特におすすめしたい2つに絞って紹介するので是非参考にしていただければと思います。