single-post-thumbnail.jpeg

父の日&卒業生向けギフトで売上げアップする秘訣

Don’t miss the demand for gifts during the summer holiday season!

In the US, the summer holiday season is a great opportunity for EC. Father’s Day in June during the graduation season from late spring to summer. Compared to Christmas gifts, the number of recipients of summer gifts is smaller, and it tends to take less time to choose one, and purchasing tends to be shortly before. Let’s take advantage of this feature and increase online sales sales to increase new customers.

Get more fans with precise promotion and delivery

Gifts for Father’s Day and graduates are often forgotten to buy. Let’s promote it so that you can make a purchase trigger in good time. It is effective to carry out a discount or free shipping campaign immediately before and pick up the perfect product and notify it by e-mail. Be sure to recommend products that are well-stocked. Out-of-stock delivery delays can leave a bad impression on your customers.

It is also important to customize the placement in the warehouse to handle the sudden increase in orders. Put popular items near the packaging area. Be prepared with financial and technical capabilities to handle unexpected increases in shipments.

Keep in mind that your gift season will take longer than usual to deliver, so be sure to tell your customers exactly when it will be delivered.

 

 

[popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px; text-align: center; justify-content: center; width: 215px;}”]アメリカEコマースの最新情報をお届け!
メールマガジン登録[/popup_trigger]

 

Important things about Father’s Day campaign

The importance of Father’s Day is increasing year by year. More than 77% of men in the US and UK celebrate Father’s Day, and about one-third of people who buy gifts are considering buying online. The amount of money spent on gifts is also increasing, and the amount of gift purchases in the US in 2017 was $15 billion. It is twice as high as in 2006. Many women buy gifts, and the purchase price is more than 1.5 times that of men. 28% of women buy their fathers presents for Father’s Day.

父の日ギフトとして一番人気なのは、本人のお気に入りの店やブランドのギフトカード(22億ドル)、服飾品(22億ドル)です。次いで、電化製品(18億ドル)やシェービングキットや庭仕事の道具など趣味的なもの(8.9億ドル)、メッセージカード(8.9億ドル)です。

父の日キャンペーンを成功させるため、ぜひ抑えておきたいポイントを5つ紹介します。

  1. ポップアップでリマインド

父の日は母の日に比べて忘れられがち。前もって自社サイトでポップアップ広告が出るように設定し、おすすめギフトのページを訪問してもらいましょう。

  1. 再購入を促すメールを

前年までの購入履歴を参考に、同じ商品の再購入をおすすめするメールを送りましょう。商品のニュースレターはもちろん、以前のギフトをお父さんが喜んでくれたかどうかメールで質問したり、類似商品おすすめを付け加えたりするのも効果的です。

  1. 顧客セグメント分析が最重要

一言に「父」といっても、運動好きなお父さん、芸術的なお父さん、手仕事好き、スポーツ好き、冒険好きなど、個性はさまざま。顧客のプロフィールを分析し、ターゲットを絞り込んだプロモーションをかけましょう。

  1. おしゃれなメールテンプレを使おう

父の日キャンペーンをお知らせするメールには、かっこよくて遊び心のある、レスポンシブなテンプレートを使いましょう。無料テンプレートはネット上で手に入ります。

  1. 思わず開きたくなるメールタイトルを

タイトルはキャンペーンメールを開いてもらう最大のポイントです。顧客の名前を呼びかけ、好みに合わせた内容をタイトルに盛り込みましょう。「急いで買わなきゃ」と思わせたり、見逃せないような割引に言及したりするのも効果的です。

卒業生向けギフトで売上アップするコツ

卒業生向けのギフト市場は、毎年50億ドルほど。購入者の大半は卒業生の両親に当たる43〜55歳の層で、購入金額も高めです。若い層の兄弟や友人がギフトを買う場合もあり、金額は低めで個性的な商品が人気です。

卒業ギフトの一番人気は、不動の現金。次いで、ギフトカード(32%)、服飾品(14%)、電化製品(10%)もよく買われています。ギフトカードの販売は、「40ドルで50ドル分のカードが買える」などおトク感が重要です。服飾品の場合は、お祝いの場に着ていく服や、新生活に備えるための服が主流。電化製品は、最新のスマホやラップトップ、寮生活のためのテレビなどが人気です。その他、レストランや旅行など、さまざまな業界にチャンスがあります。自社の顧客の特性を分析し、的確な商品をおすすめするのがキャンペーン成功のカギです。

卒業生向けギフトは、45%がモバイルで購入されているという特徴があります。そのため、モバイルフレンドリーなサイトやアプリの準備を万端にしておくことが重要です。カスタマージャーニー分析で自社サイトやアプリの弱点を見つけ、対処しておきましょう。また、多くの顧客がオンラインでリサーチして実店舗で購入する、という行動をとっているため、スムーズに対応できるかどうかが重要です。

まとめ

夏のギフトシーズンは配送も混み合い、スムーズに商品を届けるのは大変です。しかし、新規顧客をつかみ、売上アップにつながるチャンスです。魅力的なプロモを計画してしっかりと実行しましょう!

 

 

出所:3 Steps to Prep for Dads and Grads
Graduation season tips for online retailers
5 Father’s Day Marketing Ideas for Ecommerce


著者: Hitomi.N

IT企業での営業職を3年間経験した後、渡米。現在はEコマースマネージャーとして、日本企業のアメリカ進出をサポートしています。各企業様にあった施策をご提案できるように、日々、アメリカのEC関連の情報をチェックしています。


en_USEnglish