Card image cap
2021年のBFCM商戦におけるトレンドと制するためのポイント

年末商戦の始まりを告げるBlack Friday/Cyber Mondayの季節がやってきました。皆さん、準備はできていますか。昨年はコロナ禍でのBFCM商戦となり、戸惑うことも多かったと思います。では、今年のBFCM商戦はどのようになるのでしょうか。同じコロナ禍とはいえ、ワクチン接種の広がりやデルタ株の出現など昨年とはやや異なる状況になっています。今回はそんな2021年のBFCM商戦のトレンドとBFCM商戦を制するために知っておくべきポイントを紹介していきたいと思います。

View Post
Card image cap
Shopify VS WooCommerce ~特徴比較~

EC事業を展開する際の非常に重要なステップとして自社サイト構築がありますが、その手法について悩んだことはありませんか?今回は代表的なECサイト構築サービスであるShopify、WooCommerceについて、それぞれの利点と利用する際の懸念点を比較していきたいと思います。本記事を通して、それぞれの違いを理解し、より良いサービス選びに役立てていただければと思います。

View Post
Card image cap
Eコマースにおける詐欺事情と対策ツールのご紹介

In the e-commerce industry, “fraud” has become a major issue behind its convenience. The current...

View Post
Card image cap
Eコマースサイトは写真がカギ~ユーザーを引きつける写真を

Finding what you’re looking for with a simple search is fast, efficient and economical. For...

View Post
Card image cap
Eコマースでスキンケア化粧品のコンバージョン率を最大化する方法

Although e-commerce is showing growth in various fields, it is also growing in the cosmetics...

View Post
Card image cap
成功と失敗事例から学ぶ アメリカEコマース

今回は、米国におけるECローンチから運用における成功の秘訣と失敗の原因を大胆に書かせていただきます。冒頭からずばり言わせていただくと、「マーケティングが成功する確率」は“どのような体制”で“どこまでの投資が可能か”によって大きく変わってきます。 当たり前なことなのですが、海外、特に日本と大きく文化が異なる米国では、皆様が想像されている以上に重要になってきます。そこで今回は、実際の成功事例と失敗事例を比較しながらご説明していきたいと思います。 事例Aは売上拡大路線に乗せられた事例(成功事例)、事例Bは1年で撤退した事例(失敗事例)です。両者を比較すると「ローンチからのテスト期間」と「体制」、この2つが大きな違いとなっています。 事例Aはマーケティングの施策を多く行い、その結果から最適化された勝ちパターンを見出しています。   事例Bはマーケティング施策は限定的でその結果からどの広告施策が最適化されたものかパターンを見出せませんでした。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
Card image cap
「モバイルファースト」という考え方

もし、サイトトラフィックの大部分がモバイル端末からなら、デスクトップPC用のサイトデザインを優先する必要はありませんよね?サイトを運営する目的は、モバイル端末でショッピングをする人が多くなっているということに注意を向けることです。 サイトのデザイナーや運営陣営は冒険的なスタイルや機能性、そして息をのむようなイメージを見せる、壮大で美しいサイトを作ることが好きです。このようなデザインは、研究され、ブランド化され、計算された、検索エンジン対策に有利な1366×768サイズで設計されます。そして、「ああ、面倒なモバイル対策が必要だからレスポンシブ対応にしておこう(そうしないとGoogle検索で不利になるから)。」と言うかのように後付けでレスポンシブ化します。 最近、私は総トラフィックの約30%がPCからのアクセスである、素晴らしいサイトに出会いました。そこで私の iPhone 7を取り出してそのサイトを見てみると、表示が小さすぎて半分以上のテキストが読めない状態でした。ボタンやリンクなどのCTAも小さく、タップするのに小指を使わなければいけないくらいです。サイトにアクセスする顧客がスマートフォンを使用している以上、マーケティング担当者はPCサイトとモバイルサイトを分けて考える必要があります。   [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px; text-align: center;...

View Post
Card image cap
2019年に向けて、アメリカでEコマース事業を成功させる準備はできていますか?

2019年の成功に向けて、準備することはたくさんあります。過去にやってきたことを見直し、来年の計画を立てることは準備のプロセスのほんの一部に過ぎませんが、大変時間のかかる作業です。今回は、アメリカでのEC事業を大きくしていくために必要な事柄をあぶり出し、今後数カ月間でできる、2019年のビジネス拡大に向けた準備を進めていきましょう。 transcosmos America Inc.の子会社であるDigital Operative Inc.の戦略ディレクターであるRyan Melamedが作成した、「ビジネスを大きくする計画の立て方」をご紹介します。   一年を振り返る 2019年の計画を立てる前に、まずはこの一年でどんな成果を上げたのか、どんな失敗をしたのか振り返ってみてください。成功したことも失敗したこともたくさんあると思います。どちらの経験からも学ぶことがたくさんあるはずです。成功したことは成功事例として積み上げていくのはもちろんのこと、うまくいかなかったプロジェクトも、次に失敗しないための教訓として振り返ることはとても大切です。 2019年の計画をスタートする前に、必ず今後の業界の状況を調べてください。 今後の業界のトレンドは何か? 業界に影響を与える新技術はあるか?あるとしたらそれはチャンスか、それとも脅威か?   2019年のゴールを設定する...

View Post
Card image cap
米国EC進出を担当する – Shopify と Magento – どっちが正解?

越境であれ現地ECビジネスであれ、米国/カナダEC進出事業を担当とするとなったとき、様々なリサーチや事業開発計画書作成を経て、米国で現地開発ベンダーや戦略パートナーを探すタイミングが訪れると思いますが、その際、避けては通れないのが、ECサイトを構築するベースとなるECプラットフォーム選びとなります。 (ECプラットフォームの選び方はアメリカ市場向けECプラットフォームの選び方を参照ください) 「構築するECプラットフォームは何がいいか」 - その答えを探すためにリサーチをされた方は、すでにMagentoとShopifyの存在にはたどりついていると思います。そして、すでに他のプラットフォームに比べての優位性もうすうすと気づいていると思います。では、どっちがどのようにいいのか。次のステップをここではご紹介しましょう。 SaaS型プラットフォームShopifyとオープンソース型/PaaS型プラットフォームMagento ShopifyとはカナダのShopify社が開発しているSaaS型のプラットフォームです。現在500,000社を超える企業がShopifyを利用しるといわれています。テーマやテンプレートがすでに開発されているため最短数日でストアを立ち上げることができます。また、拡張性の高いエンタープライズ版も用意されています。カスタマイズ機能が充実しており、ECサイトに必要な機能をアプリやAPIを使って簡易的に構築することが可能です。 Magentoは米国Magento社が開発しているECプラットフォームのオープンソースソフトウエアで、現在およそグローバルで15万のECサイトで利用されているといわれています。2008年3月31日に公開されました。ミドル級からエンタープライズ向けECプラットフォームで、オープンソースのため、誰でも無料でダウンロードを行い必要な機能を拡張しながら開発することが可能となります。現在のEC業界のシェアはShopifyが10%に対し、Magentoは29%であり、双方とも成長を続けているといわれています(参照:Aheadworks, 2016)。 Shopify/Magento-それぞれの相違点とは どちらもとても優れたECプラットフォームなことに間違いはないですが、異なる点が多々あります。さらに複雑にいえばShopifyでは現在4種類のサービスが存在し、Magento では基本2種類のサービスが存在します。 まず、Magentoですが、基本的に、Magento Community Edition(CE) と Magento...

View Post
Card image cap
ブランド・ロゴにお悩みですか?ロゴメーカーで希望のデザインを明確化する方法

海外向けにオンラインで商品を販売する際、ブランド戦略に欠かせない大切な要素がロゴです。Eコマースやブランドの顔として、顧客がその信頼性とセンスをはかるシンボルと言えます。ここでは、ロゴの重要性と、ロゴメーカーでのロゴ作成をご紹介します。   ロゴに求められる条件 ロゴは、社名やブランドネームをオリジナルのタイプフェイス(書体)で表現したロゴタイプと、イメージをシンボル化したロゴマークがあります。また、ロゴタイプとロゴマークが一体化したデザインのロゴもあります。オリンピックやサッカーチームなどに使用されるシンボルマークをメインにしたロゴはエンブレムとも呼ばれます。 ブランド・ロゴは、消費者にブランドを認知してもらうために、「すんなりと読める」可読性を備えつつ、競合と差別化できるユニークなデザインが必要となります。商品やパッケージにワンポイントとしてロゴマークを配置すれば、小さなスペースでも効果的にブランドイメージを訴求することができます。オンラインストアのSNSのプロフィール画像、商品パッケージやタグなど、用途に応じて配置できるロゴのバリエーションをセットで用意しておくとよいでしょう。また、スマホなどのモバイルデバイスでも適切に表示されるように、ロゴデザインが複雑になりすぎないように配慮することも重要です。   ロゴメーカーでデザインの試作 実際に自分でロゴの試作品をつくることで、ブランドにマッチするデザインがよりはっきりと明確になります。デザインスキルがなくても、オンラインでロゴを簡単に作成してくれるロゴメーカーを利用してみるのがいいでしょう。最終的なロゴを制作することもできますし、テンプレートを利用して海外のデザインテイストを把握したり、発注のための試作品をつくるのにお薦めです。 まずは、ブランドのテーマやコンセプト、ターゲットとなる顧客層から思いつくキーワードをメモに書き出し、認知してもらいたいブランドイメージの要素をはっきりと確認してみましょう。メモしたキーワードを参照しながら、ロゴメーカーでロゴタイプの書体を変更してみます。次にいくつかに絞り込んだロゴタイプのカラーを変えてみます。すると黒で表示されたときには良かったデザインのいくつかが、色が着くとイメージにそぐわないことに気づくかもしれません。自分のブランドに合った書体のスタイルとカラーの組み合わせが、なんとなく実感できることでしょう。それでは以下に、使い勝手に優れたロゴメーカーを2つピックアップします。   [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
en_USEnglish