Card image cap
集客に困っている方必見!クーポンをうまく活用したマーケティングをするために

経営担当者にとってクーポンの持つ販売促進効果は無視できないものであることは言うまでもありません。つまりクーポンやクーポンサイトはマーケティングミックスの不可欠な要素でありこれらをうまく活用できるかどうかで売り上げに大きな差が生じるのです。今回はそのクーポンサイトがどのように働くのか、大きな効果を上げるために意識すべきポイントは何なのかについて解説していきます。

View Post
Card image cap
CCPAの施行間近!準備のために必ず知っておきたいこと

米国カリフォルニア州で、消費者の個人情報保護に関する法律CCPA(California Consumer Privacy Act)の施行が迫っています。カリフォルニア州に実店舗がある企業だけでなく、同地に顧客を持つEコマースにも適応されるこの法律。違反には多額の罰金が課せられます。 この記事では、CCPAとはどんな法律なのか、知らずに違反しないためにEコマースのマーケターとしてどのような準備が必要なのかを解説します。 免責条項:このブログ記事はCCPAのような米国データプライバシー法に従うための法的助言ではありません。CCPAをよりよく理解するための背景情報を提供するものです。弁護士があなたの具体的な状況に応じて与える法的助言とは異なるため、記事内で扱っている情報やその正確さの解釈についての助言を望む場合は、弁護士にご相談ください。この記事を法的助言、あるいは特定の法的解釈をすすめるものとして頼らないでください。 CCPAとはどんな法律? CCPAとは、カリフォルニア州に住む消費者の個人情報を保護し、データプライバシー権を守るための法律です。2018年に成立し、2020年1月に発効。2020年6月にカリフォルニア行政法局に提出され、施行が間近に迫っています。 米国ではこれまでも個人情報保護のためのさまざまな法律が施行されてきましたが、CCPAはその中でもっとも適応範囲の広い法律となります。 CCPAが適用される企業の条件は? CCPAが適用されるのは、カリフォルニア州で事業を行なう企業のうち、下記の条件に一つでも当てはまる企業です。 1. 年間の収益が2,500万ドル以上ある 2. 年間に5万以上の消費者個人または世帯またはデバイスから個人情報を取得している...

View Post
Card image cap
新型コロナウイルスはEコマースにどのような影響を与えているか

新型コロナウイルスの世界的流行は、人々の購買行動に大きな影響を与えています。もちろんEコマースも例外ではありません。状況の変化に伴い、オンラインでの購買の状況も刻々と変化しています。すばやく状況を把握し、対応することが企業やブランドの存続の鍵を握っています。現時点でのEコマースの状況を見てみましょう。

View Post
Card image cap
【2019年版】アメリカ 家電市場の傾向

消費者のライフスタイルの変化とIoT(アイオーティー。モノのインターネットとは、インターネット経由でセンサーと通信機能を持ったモノ達、例えば、ドアが「今、開いているよ」、工場内の機械が「調子が悪いよ。故障しそうだよ」など、様々な情報をインターネットを介し離れた場所で活用すること)の普及によって、アメリカの家電市場は大きく様変わりしています。 ここでは家電市場の概況、家電製品の流通チャネルに占めるECの比率と今後、さらにアメリカでの家電動向などを紹介します。   進歩を続ける家電製品と拡大する家電市場 スマートセンサーとIoT対応のテクノロジーを搭載した家電製品の登場で、家電業界全体が非常に活性化しています。 モバイルアプリを介して遠隔で制御・監視できるシステムは、従来の家電製品のあり方を根本から変えました。たとえば、2018年ラスベガスで開催された家庭用電化製品展示会では、冷蔵庫内の食品を内蔵されたカメラが撮影し、食品の保存期間を分析する家庭用冷蔵庫がサムスンから出展され、大きな注目を集めました。 IoT関連以外にも、従来に比べてエネルギー効率が飛躍的に高い製品や、対流加熱とマイクロウェーブ波による加熱の両方が可能なコンビネーションオーブンのような、複数の機能を備えた製品、また、調理にかかる時間を短縮する製品など、新製品の開発が進み、市場全体が拡大を続けています。 流通チャネル アメリカの家電市場は、小売店、大型スーパーマーケット、ディスカウントストア、デパートなどの実店舗(Brick & Mortar)とEコマースに分かれています。現状では実店舗が大きなシェアを占めていますが、Eコマースは2025年までの間、年間平均成長率9%という高い数値で拡大していくと予測されています。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
Card image cap
【アメリカEC】アパレル業界で成長を続けるプラスサイズ婦人服市場

アパレル製品の消費は、全世界で堅調な伸びを続けていますが、その中でもひときわ目立っているのがプラスサイズ婦人服市場です。中でも今後の急速な伸長が見込まれているのが、Eコマースの分野です。 ここではプラスサイズ婦人服市場の概況やEコマースが活況を見せる背景、今後の消費者動向などをご紹介します。   プラスサイズ婦人服市場、2018-2026年の平均成長率は4.4% 2017年、世界のプラスサイズ婦人服市場は1,652 億ドルに達し、2018年から2026年にかけては平均成長率4.4%が見込まれることが明らかになりました。 プラスサイズの部門は、アパレル業界の中でも際立った成長を遂げています。消費者は、プラスサイズであってもほかのサイズと同様の、ファッション性と豊富な種類を求めており、小売業者は、プラスサイズ専門のブランドを立ち上げることで、それに応えようとしています。このような需要の高まりと、企業側の努力によって、プラスサイズ婦人服市場は今後、売上を拡大させていくことが予測されています。   高まる需要とプラスサイズ婦人服特有の問題点 18歳から65歳のアメリカ人女性の過半数が、サイズ14(※日本の17号、XLに相当)以上を着ています。そしてこの割合は、多くのアメリカ人の食生活やライフスタイルの変化によって、今後一層増えていくことが予想されています。 ところが現状では、プラスサイズ婦人服の総売上高は婦人服全体の売上高の5分の1にも満たない状況にあります。というのも、長年にわたってブランド、デザイナー、小売業者はいずれも、ファッショナブルなプラスサイズのスタイルを提供できずにきたからです。プラスサイズというと、せいぜいがトップスやワンピース、レギンスに限られてきました。 ハイエンドのデザイナーズブランドの多くは、サイズの大きな服の製造に積極的ではありません。 また、製造面からみても、プラスサイズの服を作ることは困難を伴っています。平均的なサイズを拡大するだけではフィット感を生み出すことはできず、プラスサイズの服を作るには、技術やデザイン、製品開発の面で特殊な技能が要求されるからです。しかもプラスサイズの服を生産するためには、布地をはじめとしてより多くの製造コストがかかるという問題もあります。 しかし、小売業者はプラスサイズ人口の増加と需要に応えるために、さまざまな対応策を取っています。たとえばWalmartは、14歳以上のプラスサイズ女性専用ブランドEloquiiを買収し、またプライベートブランドのTerra&Skyを立ち上げました。その他のブランドも、プラスサイズの品ぞろえを強化するために、さまざまなアプローチを取っています。  ...

View Post
Card image cap
【2019年版】 アメリカEC インナーウェア (下着)市場

EC ファッション業界の傾向、そして未来とは?で、全世界のファッション業界についてご紹介しましたが、今回はアメリカの女性ランジェリーとメンズ下着のインナーウエアー市場について数字と一緒に傾向をご説明したいと思います。   US下着市場は2016年から2024年のCAGR(年平均成長率)は5.7%になる見込み Persistence Market Research (PMR)が行った調査によると、アメリカの2016年から2024年の間のCAGR(年平均成長率)は、メンズ下着は5.5%、女性下着は5.7%に上昇するとなっています。尚、2019年のアメリカの下着売上は、521億ドルになると予測されています。その要因には、衛生を保つことの重要性が高まっていることや、生活水準の向上、消費者の嗜好の変化などがあげられます。 では、実際にアメリカ 男性と女性の下着市場傾向を見ていきましょう。   男性下着の傾向 アメリカの男性下着市場は、2016年の33億ドルから2026年までには59億ドルに成長するでしょう。またボクサーパンツは、2026年までに最も成長が著しく、特に26歳から35歳の年齢層に需要が高くなっています。 地域の別のデーターもご紹介します。2026年には、男性下着市場はアメリカ北東部エリアでの42.5%を占め、その次に西部が26.9%の市場を占めることになると予測されています。国土の大きいアメリカならではのデーターです。 アメリカでは、肥満人口も増加している為、XXXL(3L)サイズの販売も急成長するセグメントであると予想されています。日本では、XXXLサイズを目にすることは稀ですので、こちらのデーターもアメリカならではの傾向ではないでしょうか。  ...

View Post
Card image cap
アメリカEC「Eコマース」へとシフトする スポーツ・アウトドア 用品業界

アメリカでのEコマースは、依然として堅調な伸びを見せていますが、中でもスポーツ・アウトドア用品業界は、Eコマースを牽引するトップビジネスのひとつとなっています。アメリカでは2億人がモバイル、SNSを通じてスポーツ用品を購入しており、スポーツ・アウトドア用品(※以降はスポーツ用品と略)の消費者総販売額6300億ドルの15%を占めるようになっています。 一方、全米最大級のスポーツ用品専門店チェーンであったスポーツオーソリティは、2016年に倒産を余儀なくされました。実店舗での販売を一貫して重視していた同社が迎えた結末は、大きな衝撃を持って受け止められました。今やEコマースへのシフトが、スポーツ用品業界において最優先課題となっています。   デジタル化へとシフトするメディア・スポーツ・趣味用品 なぜEコマースへのシフトが、販売業績を上げることにつながっていくのでしょうか。そこにはこの業界の特徴と密接な関連があります。もう少し詳しく見ていきましょう。   1. ターゲットとなるのは、若く、トレンドに敏感で、テクノロジーに詳しい層 スポーツ用品業界がメインターゲットとするのは、10代後半から30代のデジタルに慣れ親しんだ世代です。彼らはテクノロジーに精通しており、商品の機能やコストに対して敏感です。 「アスリージャー」(athletic + leisureでスポーツウェアとカジュアルウェアを兼ねたファッション)のようなトレンドの出現は、スポーツ用品に対するイメージや嗜好性が、従来のものとは大きくさま変わりしたことを示しています。機能性とファッション性を兼ね備えたウェアなど、スポーツ用品業界もイノベーションとテクノロジーを早期に取り入れることが成功のカギになっています。   2. 絶え間ない進化とトレンドの変化、頻繁なモデルチェンジ スポーツ用品の特徴のひとつに、進化が非常に早く、それに伴ってモデルチェンジが頻繁に行われ、トレンドも移り変わるということがあります。 このことは、小売店にとってはつねに在庫の問題を抱えることを意味します。旧モデルの在庫は、原価割れで販売するしかなくなるし、新商品の在庫がなくなれば顧客は離れていきます。ところがEコマースストアであれば、短期間のうちに実店舗よりはるかに多数の顧客にリーチすることができ、在庫問題の解消につながるのです。...

View Post
Card image cap
急成長を見せる アメリカ の オンライン 食品市場 ―今後10年間で5倍に成長する見通し

アメリカにおけるオンライン食品販売は、急成長を遂げています。ここでは市場の今後とともに、食品市場の特色や、小売業者がオンライン食品販売に参入する上での留意点などを見ていきます。 オンラインでの食品販売は今後急増する見込み 参考:Online grocery shopping sales in the United States from 2012 to 2021 (in...

View Post
Card image cap
アメリカECにおける配送キャリア・サービスの選び方

アメリカでのECでは商品をお客様にお届けするに当たり、果たしてどんな配送キャリア、出荷サービスを選択すべきでしょうか。キャリアに寄っていろいろな出荷サービスがあるので、十分に理解した上で自分のビジネスに合ったモデルを選択して頂きたいと思います。   ホワイトペーパー 「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社の小包配送サービス比較表と各社配送料計算ツールの使い方を詳しくまとめています。   アメリカの配送キャリア3社 日本の約25倍を誇る広大なアメリカ大陸を駆け巡る配送キャリアサービス会社は、主に「UPS」「FedEx」「USPS(郵便局)」3社で、日本で言うところのヤマト運輸や佐川急便、日本郵便に当たる有名な配送業者です。この3社がアメリカの配達を全てカバーしていると言っても過言ではありません。   さて、それでは出荷サービスを選択するに当たって理解しておきたい各社のメリット、デメリット、特徴について下記の順番でご案内して参りたいと思います。 UPSの価格と信頼性 FedExの価格と信頼性 USPSの価格と信頼性 配送サービスの選び方 保険の選び方 配送サービスの種類...

View Post
en_USEnglish