Card image cap
ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるのが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。   アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性 ECサイトでビジネスを行うとすれば、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。 つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能となります。もちろん、製品などの状況にもよりますが、短絡的に「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしない方が良いと言えるでしょう。   アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介! 今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。   ・eBay marketplace(イーベイ) eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も売買できるインターネットオークションサイトです。日本で言えば、“ヤフオク!”のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客と取引ができるのが大きな特徴です。また、多くの支払い方法と配送オプションがあるのも、eBayを利用するメリットと言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位となっています。アマゾン以外で、まず狙うべきECサイトはこのeBayです。 関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay...

View Post
Card image cap
Jetとは?より多くの割引と配達スピードでEコマースに存在感

インターネットショッピングサイトと言えばAmazon、というくらいに誰もが知っているAmazonですが、そのライバルとなりえるのが、世界最大の小売り業者であるWalmartが買収したJetです。Eコマース市場で、アマゾンとの競争力を高めるためにJetのウェブサイトを改良しています。では実際に、Jetとはどのようなマーケットプレイスなのか見ていきましょう。 Jetとは? Jetは、毎月40万人以上の新規ユーザーを増やしながら成長しているオンラインショッピングサイトです。Jetのプラットフォームでは、2,400を超える小売業者やパートナーと呼ばれる一般の売り手が商品を販売しています。 2015年7月に立ち上げた当初は会員制のショッピングクラブで、販売者に手数料を請求するのではなく、顧客が年会費を支払うシステムでした。Jetに手数料を払う代わりに、販売者は商品の値段を下げることができ、Amazonなどのライバルよりも約15%低い価格を顧客に提供することが可能になるというビジネスモデルでした。 しかし、2015年の10月には、Jetは年会費を下げる代わりに商品ごとの変動手数料を請求する方向転換をします。どんなプラットフォームも、多くの人に利用してもらうということが成功には欠かせないことだからです。この変更は、新規の顧客を獲得し、リピーターを増やすことが目的でした。 そして、2016年8月にJetはWalmartに買収され、Walmartの子会社となりました。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p { font-size: 20px;...

View Post
Card image cap
ハンドメイド販売をビジネスに Eコマースサイト Etsy

趣味を活かして作成したハンドメイド作品を、出品し販売するEコマースサイトが増えています。 Etsyもその1つですが、Etsyが他の多くのプラットフォームと異なるのは、ハンドメイド作品の販売を「ビジネスとして展開する」という視点で構築されている点です。 ここではEtsyとは何か、どのような人がEtsyに向いているのか、Etsyを利用することのメリット、デメリットなどについて紹介していきます。   Etsyとは何か? どのようなサービスなのか? Etsyは、ジュエリーやアクセサリー、服や靴、日用品や家具、陶器、工芸品や美術品など、ありとあらゆるハンドメイドの作品を販売するEコマースプラットフォームです。世界200か国で運営され、アクティブショップは100万以上、ユニークビジターは毎月6.000万人以上という数字だけでもすばらしいものですが、中でも注目すべきは、ビジターの平均滞在時間が約8.5分と長く、1回の訪問で平均16ページが閲覧されていることです。Etsyのビジターは、サイトに長くとどまり、多くのページを見て回るのです。 これは偶然ではなく、Etsyではマーケティングの側面が重視されており、ユーザーの興味をひきつけ、誰がこの作品を作っているか、なぜこんな作品を作るようになったのかを伝えることで、単なる「商品」ではなく、作品を介した作者とユーザーを結びつけるようなサイト作りになっているからです。 さらにEtsyの特色を具体的に見ていきましょう。   Etsyの特色 1. 洗練されたサイトデザインと美しい写真 Etsyではそれぞれの作品について、5枚まで写真がアップロード可能になっています。見込み客は作品の品質を、写真を通じて評価することしかできません。そのため、出品者は自分の作品を、ブランドイメージに合わせて、工夫を凝らして撮影しています。 各作品のメインの写真は、カテゴリーのトップにグリッド状にレイアウトされており、ユーザーは楽しみながら閲覧することができます。ウィンドウショッピングの楽しさとオンライン購入のしやすさを組み合わせたサイトデザインになっています。 2....

View Post
Card image cap
Wishとは? 世界最大モバイルショッピングアプリの戦略と将来性

Wishというサービスをご存知でしょうか?Wishとは、世界最大のモバイルショッピングアプリです。洋服やアクセサリー、電化製品など様々な商品が出品され、メルカリのようにスマートフォンやタブレットにダウンロードして買い物を楽しむことができます。低価格で商品を提供するということだけにこだわり、Amazonやアリババにも負けないくらいのグローバル企業となっています。   Wishとはどんなサービスなのか? 2010年にGoogleとYahooの元開発者Peter SzulczewskiとDanny Zhangによって設立され た時点では、ユーザーが欲しい商品をリストアップするアプリとして登場しました。そこから、ユーザーとセラーを直接つなぐサービスへと発展していき、2017年には1,000億円以上の収益を上げるアプリに成長しています。 Wishの最大の特徴は、低価格の商品に特化していることです。Amazonなどの大手オンラインモールでは、翌日配送やギフト用のラッピングなどのサービスがあり、また、映画配信などの事業に参入していくなどしていますが、Wishは「低価格商品」の1点集中です。綺麗にデザインされたパッケージや翌日配送などのサービスはありません。Wishは、「どこよりも安い商品をユーザーに届ける」ということに焦点を置くサービスになっています。   Wishの戦略 Wishはアメリカで2017年に一番ダウンロードされたアプリで、モバイルに特化したオンラインモールとしては世界最大手です。Wishは低価格を売りにしたノーブランドの商品を主に扱っていますが、当初はシリコンバレーの誰もが「ノーブランドは売れない」と考えていました。 しかしWishは、低所得の購入者の21%がスマートフォンなどのモバイルからのみインターネットにつないでいることに目を付けました。この数字は、購入者の平均の12%を大幅に上回っています。ノーブランドで低価格の商品をたくさん売るということに重点を置き、商品を探している時に出てくるおすすめ商品にも、ユーザーの過去の購入履歴を反映したものよりも「衝動買いしやすいアイテム」を表示するようになっています。   Wishの将来とセラーとしての参入メリット Wishが巨大な市場であることは、数字が物語っています。Wishは今とても人気があるアプリで、特に圧倒的な購入力のあるミレニアル世代からの支持を得て大成功しています。製品の豊富さはすでに驚くべきものがありますが、まだまだセラーとして参入するメリットは大きいと言えます。...

View Post
Card image cap
マーケットプレイス比較 Amazon vs eBay

EC事業の発展に伴い、Eコマース参入を考えている経営者の方が増加しています。しかし、実際にどのチャンネルを通してEコマースを始めれば良いのか分からない方が多いようです。 商品やEC事業のスタイルに合ったマーケットプレイスを選択する事は、EC事業の成否に直結します。 今回は、AmazonとeBay2つのマーケットプレイスを異なる視点から比較します。 どちらもEコマースに対してサービスを提供している点では同じですが、マーケットプレイスとして異なる特徴があります。貴方のEC事業に最適なのはどちらか、決定付ける参考にして頂ければと思います。   AmazonでのECは競争率高め どんなビジネスでも、市場にいる競争相手を把握することは絶対に必要です。 近年のAmazonは、大手卸売業にも参入を促してる事から、個人のみならず、大企業も競争相手になりかねません。EC発展に伴い、EC事業に乗り出し始めている大手が増加中で、その多くはAmazonを利用しています。その為、eBayに比べるとAmazonは競争率が高い傾向にあります。AmazonでEコマースを成功させるには、商品の値段のみならず、配送やカスタマーケアなどのサービス面など、あらゆる要素で顧客を満足させる必要があります。その為、Amazonを利用して利益を生みだす為のハードルは高まっています。   ブランディングやレア商品を扱うなら eBay が良い eBayはAmazonに比べると縛りがゆるく、商品や販売方法に個性を出しやすいメリットがあります。その為、eBayはブランディングに適したチャンネルといえるでしょう。 また、eBayにはオークション制度も存在します。中古商品やレアな商品の値段が爆発的に跳ね上がる事もあり、予想以上の利益に繋がるケースもあるようです。 ユニークである事や希少性がeBayでは大きな価値を生み出す手助けになるでしょう。...

View Post
en_USEnglish