Card image cap
2021年Amazon Prime Dayで勝敗を分けたのは?

米国Eコマースの一大イベント、Amazon Prime Day。2021年は、新型コロナウイルスの影響が続くなかで例年より早く開催されました。売上高やどんな企業が売り伸ばしに成功したのかなど、今年のPrime Dayの結果をレビューします。 

View Post
Card image cap
2021年米国のホリデー商戦で成功する5つのポイント

サンクスギビングやブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスなど、イベント盛りだくさんのホリデーシーズンが近づいてきました。小売業者にとって極めて重要なアメリカのホリデー商戦。EC企業がホリデーマーケティングを成功させるための対策を、トレンドを含めて紹介します。

View Post
Card image cap
アメリカ家電市場のEコマース最新トレンド

新型コロナウイルスの感染拡大が消費者行動や市場へ大きく影響している昨今、Eコマース市場の状況はどのように変化しているのでしょうか。本記事では、その最新トレンド、特に2020年のアメリカEコマース売上高の最大比率22%を占めた「家電製品」について着目して解説します。

View Post
Card image cap
飲食料品業界のトレンド ~EC参入が今後の成長のカギとなる~

他の商品よりもはるかに「新鮮さ」が重視される飲食料品業界では、消費者の手元に商品が届くまで多くの工程が生じるオンライン販売は不向きだと考えられていました。しかし、近年の技術発展で即日配達が可能になったことや、新型コロナウイルスによって人々の生活様式・価値観が変化したことから、飲食料品業界においてもオンライン販売の売上が急激に伸びており、注目を集めています。今回は変化の時期を迎えている飲食料品業界のトレンドについてまとめ、今後飲食料品の売上を伸ばすうえで重要になるポイントを紹介します。

View Post
Card image cap
自動車部品・カー用品市場のトレンド ~新型コロナウイルスによってどのように変化する?~

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の生活様式が大きく変化した1年となりました。この生活様式の変化は自動車部品・カー用品業界にどのような影響を与えたのでしょうか。今回はHedges & Co.の市場シェア予測をもとに市場動向分析を行い、変化する市場に適応するために確認するべきポイントについてまとめていこうと思います。

View Post
Card image cap
ファッション・アパレルEC業界|新型コロナウイルスの影響と今後の課題

新型コロナウイルスの世界的流行は、消費者の行動と市場全体に大きな影響を与えました。本記事は2020年から2019年までの市場概況を踏まえつつ、新型コロナウイルス危機以降の市場の動きを紹介します。

View Post
Card image cap
アメリカのEC エレクトロニクス市場

世界的な消費者向けエレクトロニクスは2024年までに1兆7,800億ドルに達すると予測されており、ECの占める割合も、現在の33%から47%まで飛躍すると予測されています。本記事ではアメリカECにおけるエレクトロニクス市場の概況と、エレクトロニクス製品販売を後押しする新しい動きを紹介します。

View Post
Card image cap
<参入チャンス!?>ここ数年の比較から見るアメリカEC分野の顕著な成長

インターネット上で売買される商品の種類は時代とともに多様になり、今やオンライン上での売買は私たちの日常生活において欠かせないものとなりました。この状況は消費者として見るとただ便利で素晴らしいものですが、経営担当者として見た際にECの活用に大きな可能性を感じている方は少なくないのではないでしょうか? 今回はそのような方に向けてアメリカEC事情をここ数年の実際のデータを用いて解説します。   アメリカのEC売上の推移 2019年アメリカのECの売上は$601.75 billionでした。2018年の売上は$523.64billionだったため、成長率は14.9%です。2017-2018年の成長率の13.6%よりも1.3ポイントほど上昇しており、アメリカのEC分野が着実に成長していることがうかがえます。 では、アメリカの小売業全体の売上はどうだったのでしょうか。小売業全体では2018年から2019年にかけて売上げは3.8%増加しましたが、2017-2018年の成長率の4.1%より0.3ポイント減少しており、小売業全体としては増加スピードがスローダウンしています。つまり、小売業全体が大きく伸びているというよりもEC分野が特に着実な成長を遂げていると表現する方が適切であると言えます。 さらに、このアメリカEC分野の成長をより詳細なデータから見てみましょう。2019年の四半期ごとの成長率を前年と比較するとQ1が11.6%、Q2が13.6%、Q3が17.4%、Q4が16.4%であり、2019年は下半期に大きく成長したことがわかります。また、Q3の17.4%という成長率は2011年のQ4に次いで二番目に高い成長率であり、そのことからもEC分野にとって2019年Q3が飛躍の時期であったことがわかります。   次に小売業全体に占めるEC売上の「割合」という観点から見てみましょう。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button”...

View Post
Card image cap
Amazon、実店舗、DTCに見るビタミン・サプリメントEC市場のトレンド

The global market for vitamin supplements has grown rapidly from $6.8 billion in 2014 to...

View Post
Card image cap
【アメリカEC】おもちゃ・玩具市場規模~2019年版~

おもちゃ・玩具業界を牽引しているアメリカでは、毎年たくさんのおもちゃが開発・販売されており、北米最大の国際玩具見本市であるニューヨーク・トイフェアには、世界各国の新しいおもちゃが出店されます。そんなアメリカの玩具市場規模、そしてEコマース市場の動向についてご紹介します。   ■アメリカのおもちゃ・玩具市場規模 2015年のデータですが、アメリカのおもちゃ・玩具市場は255憶ドルで2位に約2.6倍の差をつけての1位です。続いて2位は中国(95憶ドル)、3位が日本(55憶ドル)です。近年は中国市場が拡大していますが、2017年時点でもアメリカは世界第1位の玩具市場であることに変わりありません。   2015年 世界のおもちゃ・玩具市場   アメリカの玩具市場が非常に大きいことはわかりましたが、最近はどのようなおもちゃが人気なのでしょうか?2017年と2018年のおもちゃの売り上げを種類別に比較したデータをご紹介します。 上の表ではアメリカの市場全体で2017年よりも売り上げ合計が2%減少していますが、小売り市場の約78%のデータを元にしているため、市場全体(100%)換算すると年間総売上は約280億ドル、2017年と比較すると20%増加していると推測されています。 カテゴリ別にみていくと、昨年から変わらず「アウトドア・スポーツ」カテゴリが全体の約20%の売り上げを占めており、市場を牽引していますが、今後は、前年比率が高い「アクションフィギュア&アクセサリー」「人形」カテゴリが成長する可能性が高いと予想できます。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button”...

View Post
en_USEnglish