BPO JP

Business Process Outsourcing Services

トランスコスモスのBPOサービスチームは、最良のシナリオを達成するために、御社の該当部門(事務、会計、人材、ITシステム、デザイン、開発など)のすべての業務プロセスを分析し、業務の仕分けをおこなったうえ、共通部分の最大化をはかり、新たな運用プロセスを構築します。また、最新のITツールを使用して、運用のワークフローを確認し、自動化を強化します。お客様に最適な運用システムを設計し、従業員のトレーニング・フォローアップを行うことで、お客様の成功に貢献できると確信しています。さらに、品質の向上と運用コストの最適化を実現するために、ニアショア/オフショアを活用します。トランスコスモスは、主要なBPOプロバイダー企業として培ってきた業務ノウハウと経験を最大限に活用することで、収益性の向上にとりくんでいます。

Digital / EC

バックオフィスサービス

日本最大のオフショアサービス体制を確立(中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、18拠点)

サポートデスク

日本最大のオフショアサービス体制を確立(中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、18拠点)

オフシュア サポート

日本最大のオフショアサービス体制を確立(中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、18拠点)

 BPO(Business Process Outsourcing)の重要性

少子高齢化、人材不足、働き方改革など 企業を取り巻く環境は大きく変化する中で、企業は事業基盤を強化やリーンマネジメントの実施など、独自のビジネス改革を行う必要に迫られています。しかし、ほとんどの企業は内部と外部の両方の事業改革を行うのに困難に直面しています。トランスコスモスは、デジタルBPOを通じて最新のデジタルテクノロジーと50年の間蓄積してきた運用ノウハウを融合し、クライアントをサポートしています。

グローバル展開

トランスコスモスは、海外への事業展開以降、あらゆる国の人々へ向けてサービスを提供できるプラットフォームの構築を進めてきました。米国の事業はニアショアおよびオフショアの拠点と密に連携して、幅広い言語で米国内のカスタマーサポートを低コストで提供しています。複雑な調査、サービス基盤の作成、新しいサービスの導入に米国国内の「ラボ」を活用し、オフショア/ニアショアチームが生産を行う非常に効果的なモデルを確立しました。「ラボ」モデルは、より効果的な立ち上げ、レスポンシブネス、Geoレプリケーションおよびコスト管理を提供します。世界31カ国の3,000以上のクライアントをサポートする57,000以上の従業員を抱えるトランスコスモスは、お客様のグローバルサービスニーズを満たす経験と専門知識を持っています。