Card image cap
アメリカ家電市場のEコマース最新トレンド

新型コロナウイルスの感染拡大が消費者行動や市場へ大きく影響している昨今、Eコマース市場の状況はどのように変化しているのでしょうか。本記事では、その最新トレンド、特に2020年のアメリカEコマース売上高の最大比率22%を占めた「家電製品」について着目して解説します。

View Post
Card image cap
【2020/2021年版】EC トレンド予測

EC業界は年々その規模が右肩上がりに伸びていますが、スマートフォン利用者の増加やスマートスピーカーの登場などにより、購入方法やアクセス方法は変わってきています。そこで今回は2020年、2021年のEC市場の最新情報、今後のトレンド予測をご紹介します。

View Post
Card image cap
b8taとは~アメリカでEC事業を拡大するための店舗活用~

アメリカでのEC事業拡大には実店舗を通じた商品販売やPRが重要になります。実店舗による商品の販売や宣伝はEC市場で大きな存在感を示すAmazonも取り組んでいる内容であり、どのEC事業者であってもその意図や効果を認識しておかなければいけません。そこで今回は、なぜ実店舗での商品販売やPRが重要なのかという内容を解説するほか、実店舗で商品を販売・PRする一つの方法として「b8ta」を紹介します。

View Post
Card image cap
コンテンツ戦略とコンテンツマーケティングの違いを解説!

調査によれば、「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」を上手く正確に使いこなせている企業は10%にも満たないそうです。つまり、この二つの要素を使いこなすことができれば、ビジネスで他社にリードできる可能性があると言えるでしょう。今回はその意味が混同されてしまうことも多い「コンテンツ戦略」と「コンテンツマーケティング」その二つの内容や特徴・違いについて解説します。

View Post
Card image cap
ターゲティングメールは利用必須のマーケティングツール。その効果と実践方法を解説

リターゲティングメールにはECサイトの収益やコンバージョン率のアップ、顧客にブランド認知をして貰いやすくなるなど、ECサイトを運営する上で欠かすことのできない様々なメリットがあります。

View Post
Card image cap
Amazonにおける広告運用指標ACoSの数値を下げるための4つの方法

Amazonのスポンサープロダクト広告の成績を把握するための数値指標にはACoSがあります。この記事ではACoSがどういったものなのかといった内容から、その数値を下げるための4つの方法までを紹介します。

View Post
Card image cap
TACoSを用いたAmazonスポンサープロダクト広告の成果分析について解説

Amazonスポンサープロダクト広告の利用においては、その広告の効果の測定が重要となってきます。広告効果測定の指標にはTACoSとACoSがありますが、この記事ではTACoSを用いたAmazonスポンサー広告の成果分析について紹介していきます。

View Post
Card image cap
TACoSを使ったAmazonの売上評価測定方法の解説

Amazonの広告売上評価の指標にはACoSやRoASといったものがありますが、TACoSという指標もあることをご存じでしょうか。今回はAmazonでの売上を評価するTACoSという指標について、その定義や使用方法を紹介していきます。   ACoS、RoASとは TACoSについて紹介する前に、ACoS、RoASという指標について簡単に解説します。まず、ACoSとは「Advertising Cost of Sale(広告費売上比率)」の略語で、Amazonにおける広告売上の効果を測定する際に利用できる数値指標です。その計算式は次式となります。 ACoS=広告支出額÷広告売上額×100 例えば、Amazonで広告費10ドルの広告を掲載し、その広告経由で100ドルの利益が上がった場合にはACoSの数値は10%です。そのため、このACoSの数値は低ければ低いほど、広告販売による利益率が良いということになります。 次にRoASですが、RoASとは「Return On Advertising Spend(投資した広告コストの回収率)」の略語で、広告の費用対効果を表します。その計算式は次式となり、丁度ACoSの逆数となります。 RoAS=広告売上額÷広告支出額×100 これらACoSとRoASを用いることで、広告の費用対効果などを計測することができますが、Amazonでは次に説明するTACoSの数値を把握することも非常に重要です。...

View Post
Card image cap
Eコマースの鍵、コンテンツマーケティングに重要な戦略立案の方法とは

昨今、ブログや動画、SNSなどを用いたコンテンツマーケティングが盛んに行われていますが、まだ取り組まれていないという方もいらっしゃると思います。そこで今回は、コンテンツマーケティングとは何か、なぜ必要なのかといった話からコンテンツマーケティングに最も重要な戦略立案の手法についてご紹介していきます。   コンテンツマーケティングとは コンテンツマーケティングとはブログや動画などのコンテンツを利用して行うマーケティング施策です。製品の使い方やサービスの詳細を紹介したり、ユーザーが抱える問題を解決するようなコンテンツを制作して、購買意欲が育っていない潜在顧客を育成・ファンになってもらうことを目標としています。これまでの売り込み型の宣伝手法が通用しなくなりつつある現在だからこそ、ニーズが高まっているマーケティング手法と言えるでしょう。事実、2018年に成功したB2Bマーケティング担当者は、広告予算の40%をコンテンツマーケティングに費やしたという調査結果があります。しかし、コンテンツマーケティングはただ予算をつぎ込めば成功するものではありません。成功させるためには“戦略”がとても重要なのです。   なぜコンテンツマーケティング戦略が必要なのか コンテンツマーケティングにおける“戦略”とは、作成する全てのコンテンツを管理することです。どのような人たちに向けて、どのような情報を提供するために、どのような形式のコンテンツを作成するか、どのチャネルで、どのタイミングで公開するかといったことを考えていきます。どれだけ良いコンテンツを作成しても、潜在顧客(ターゲット)の求めている内容と違ったり、ターゲットが見つけにくい方法で公開してしまっては、時間とお金を使ったのに欲しい結果が得られなかったという事態にもなりかねません。そうした事態にならないためにも、コンテンツマーケティングには“戦略”が必要なのです。   コンテンツマーケティング戦略立案の手順 ここからは具体的に、コンテンツマーケティング戦略を立てるための手順や方法を紹介していきます。   1. ゴールを設定する 初めにゴールを決めることで、マーケティング戦略に必要な要素の決定を容易に行えるようになります。次に紹介するペルソナ設定や制作するコンテンツの内容も決定しやすくなるでしょう。 2....

View Post
Card image cap
2019年サンクスギビング、ブラックフライデー、サイバーマンデーの動き

2019年のサンクスギビング、ブラックフライデー、サイバーマンデーはそれぞれ、昨年を大きく上回る盛況となりました。中でも特に、スマートフォン経由での商品購入の割合や、ECサイトで購入した商品の店舗受け取りの割合などの、2018年からの増加率は目を見張る数値となっています。ここではAdobe社の分析結果を基に、2019年のサンクスギビング、ブラックフライデー、サイバーマンデーの売上額や消費者動向をご紹介します。 まずは、3日間の結果を個別に見ていきましょう。 スマートフォンの売り上げが45%を占めたサンクスギビング サンクスギビングのEC売り上げは42億ドルで2018年よりも14.5%増加しました。なんと、売上げの45%はスマートフォンでの購入でした。店舗の混雑が激しくなかったことからも、休暇で帰省している間、外出せずに自宅からショッピングを楽しんでいたようです。また、近年は11月初旬から広告を出したり、ディスカウントを始めたりと、ホリデーシーズンに向けて早いうちから対策を行っている企業が増えています。この対策が功を奏し、スタートダッシュに成功したのではないかと考えられます。 過去最高の売上額を達成したブラックフライデー ブラックフライデーのEC売り上げは74億ドルで、2018年よりも16.2%(12億ドル)増加していました。これは、過去最高の売上額です。しかし、Adobe社の予想額75億ドルよりわずかに下回る結果となりました。おそらく、実店舗とオンラインで顧客を争奪しあった結果、予想以上に実店舗で購入する顧客が多かったためではないかと考えられています。 サイバーマンデーも過去最高の売り上げを記録 サイバーマンデーのEC売り上げは米国のオンラインショッピング史上最高の94億ドルで、2018年よりも19.7%増加していました。特に、午後10時以降にショッピングが活発に行われていたため、仕事から帰宅した後に駆け込み購入を行ったのではないかと考えられます。なんとピーク時は1分あたり1,200万ドルという驚異的な売り上げを上げていました。大規模セールの最終日ということもあり、最終セール商品を買い込んだのではないでしょうか。 また、サイバーマンデーは大手小売業者(年間売上額10億ドル超)と中小規模小売業者(年間売上額5,000万ドル以下)ともに売り上げを大きく伸ばしており、通常の売り上げと比較すると大手小売業者が540%増、中小規模小売業者は337%増でした。特に大手は扱う商品数が多くディスカウントがしやすかったこと、商品流通網が整備されているためコスト削減できたことから、中小よりも売上げ増加率が高くなったと考えられています。 この3日間のEC利用者が増加した背景には、嵐や雪などの悪天候の影響もあると考えられています。実際に2019年のブラックフライデー、サイバーマンデーの期間には悪天候の州もあり、それが顧客の外出を控える原因となり、在宅でのECを利用した買い物に繋がったようです。 次に、3日間を通して特徴的だった消費者動向をご紹介します。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
en_USEnglish