Card image cap
2020年のEC動向とその未来とは?

いよいよ2019年も残り数ヶ月、そして来年は2020年を迎えます。2010年代はスマートフォンやタブレットが急速に広まり、それに伴い人々が当たり前にインターネットで買い物をするようになった「Eコマースの始まり」の時代と言えるのではないでしょうか。そして、来たる2020年には新しい通信規格「5G」の本格運用が開始されると見られ、インターネット利用が今よりにも格段に快適になり、これまで以上にインターネットを使ったやり取りが進んでいくでしょう。では、実際に2020年と今後のEコマースの予測を見ていきましょう。   2020年代はECがショッピングの主役に すでにAmazonなどのECサイトは世の中に浸透していますが、今後ますますインターネットショッピングが当たり前の時代になっていくでしょう。スマートフォンやタブレットなどは、より小型化・軽量化され、また電子機器に馴染みの深い世代が消費者の中心となっていくため、オンラインショッピングが主要な買い物方法になっていくことは想像に難くありません。Big Commerceによると、アメリカ人の51%がインターネットショッピングを好み、96%が少なくとも1度はインターネットショッピングの経験があることがわかっています。すでにオンラインでの購入を好む人の方が多数派になってきているのが現状です。   Eコマースの売上げ予想も右肩上がり 上記の理由から、 Eコマース全体の売上げは急速に伸びています。こちらのグラフからわかるように、2014年には13.36億ドル(約1336億円:1ドル⇔100円換算)の売上げでしたが、2018年には28.42億ドルと2倍以上まで伸び、2021年には48.78億ドルとさらに、倍近くまで伸びると予想されています。このようにEC業界は、現在右肩上がりの好調期といえるでしょう。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
Card image cap
2019年末商戦は「長期化」と「EC化」を継続か

米国で最も“ホット”なショッピングシーズンと言えば、11~12月の年末商戦です。伝統的には「米国最大のショッピングデー」と言われる『ブラックフライデー*』を皮切りに、12月のクリスマスまで頻繁にセールが行われます。 そんな2019年の年末商戦は、近年のトレンドがそのまま継続されるとみられています。キーワードは「長期化」と「EC化」で、これらのトレンドは我々Eコマース業界の追い風となりそうです。 *アメリカで、感謝祭(11月の第4木曜日)翌日の金曜日のこと。   近年の動向通り、セール期間の長期化が見られる 『ブラックフライデー』という言葉が使われ始めてから、今までは11月第4金曜日の「ブラックフライデー」が主なセールスタート日となっていました。しかし、昨年こちらの記事 【アメリカ EC】ブラックフライデーに忍び寄る影 2018 アマゾン プライムデーの驚異の売上 でもご紹介した通りその期間は「長期化」の傾向にあります。 ある調査によると、2018年は商品カテゴリごとに以下のような時期が最も商品が安くなったようで、セール期間の「長期化」が実感できる結果となっています。 ・電化製品→11月はじめ ・クリスマス用デコレーション→11月22日 ・おもちゃ→11月21日(サンクスギビング前日)...

View Post
Card image cap
【アメリカEC】これからの米国 電子製品オンライン販売市場の行方は!?

はじめに結論から述べますと、今後数年間も「電子製品」のオンライン市場は成長を続けていきます。2019~20年頃には通信規格5Gが活用され始めるため、今までよりもさらに便利で安全なネット環境が整い、多くの消費者がオンラインショッピングを利用すると見込まれているからです。また、消費者は店頭で商品が若干安く手に入るとしても、配達の利便性や支払いの安全性などのメリットからオンラインショッピングを好むとされています。その証拠として、米国の電子製品のオンライン販売輸送売上では、2012年~2017年にほぼ横ばいの推移であったものが、2018年と2019年には約20%の成長を見込んでいます。      ▼2009年から2019年までの米国の家庭用 電化製品市場の卸売収入 市場自体は大きくなるが、成長スピードは低下 Intelligence NodeやDublin(Business wire)によれば、「電子製品オンライン市場自体は大きくなるが、市場の成熟に伴い成長率は低下する」という予測になっています。では、具体的な数字をみていきましょう。 まず、オンラインショッピング市場全体の予測として、今年2019年には世界中で約19.2億人がオンラインショッピングを楽しみ、総売上が300兆円を超えると予想されています。このE-commerce市場の勢いを受け、アメリカの電子製品オンライン市場も同様に成長していくと見られています。実際には2018年では約7兆円の売上があり、5年後の2023年には9.5兆円まで上昇する見込みです。一方、成長率でいえば2020年以降は前年比1桁台に落ち着き、オンラインショッピング市場自体の成熟を示唆しています。     [popup_trigger id=”6766″ tag=”button” classes=”p {...

View Post
Card image cap
ECで利用できるおすすめのアメリカマーケットプレイスをご紹介

ECを行う時に必要となるのが、アマゾンのような「マーケットプレイス」です。アメリカには多くのマーケットプレイスがあり、その種類は多種多様で、どのサイトを使うべきか悩む人も多いことでしょう。そこで今回は、2019年におすすめのマーケットプレイスをご紹介していきます。   アマゾン以外のECサイト市場シェアは約半分!他サイトを狙う重要性 ECサイトでビジネスを行うとすれば、やはり「アマゾン」が真っ先に思い浮かぶでしょう。しかし、アメリカのEC市場シェアの中でアマゾンが持っているのは56.1%で、残りの半分は他サイトとなっています。 つまり、競争率の高いアマゾンで競い合うよりも、競争率の低い他サイトで確実に自社のマーケットを広げる、という戦略も可能となります。もちろん、製品などの状況にもよりますが、短絡的に「ECサイトで販売を行うならアマゾン!」という考えはしない方が良いと言えるでしょう。   アマゾン以外のおすすめECサイトをご紹介! 今回は、アマゾン以外のECサイトで、おすすめのサイトをピックアップしました。ぜひ、サイト選びの参考にしていただければと思います。   ・eBay marketplace(イーベイ) eBayはオンラインショッピングの先駆け的な存在で、新品も中古品も売買できるインターネットオークションサイトです。日本で言えば、“ヤフオク!”のような存在で、世界中1億6千万人を超える買い物客と取引ができるのが大きな特徴です。また、多くの支払い方法と配送オプションがあるのも、eBayを利用するメリットと言えるでしょう。eBayの市場シェアは19.7%で、アマゾンに次ぐ第2位となっています。アマゾン以外で、まず狙うべきECサイトはこのeBayです。 関連記事>>>マーケットプレイス比較 Amazon vs ebay...

View Post
Card image cap
【2019年版】アメリカ Eコマース トレンド予測

年々、市場拡大の一途をたどる「Eコマース業界」。しかし、市場拡大やテクノロジーの進化によって、サイト構築の仕方や販売方法などのトレンドは変わってきています。今回は2019年のトレンドとなるであろう取り組みについて、簡単に取り入れやすいものを中心にご紹介していきたいと思います。   世界でのEコマース市場成長率は右肩上がり 今や当たり前となったインターネットでの買い物ですが、数字で見てもその傾向は見てとれます。 こちらは世界的にみたEコマースの売上を表したものですが、2014年から一貫して右肩上がりとなっており、平均20%以上の成長率を示しています。今年、2019年の売上は3.453兆ドル(約345兆円)に到達すると見込まれ、2021年には4.878兆ドル(約487兆円)まで上昇すると予想されます。 これだけ成長している市場であることに加え、Eコマースという性質上、テクノロジーの進化の影響などによって「トレンド」が目まぐるしく変わっていきますが、確実に押さえておくことが重要です。そんな2019年のEコマーストレンドを一緒に見ていきましょう!   2019年Eコマース市場のトレンドをピックアップ! 2019年Eコマース市場のトレンドはいくつかありますが、その中でも比較的追いやすいトレンドをピックアップしました。 ◆複数の販売経路(実店舗、自社サイト、その他販売サイト)を確保する HBRという機関が46,000人を対象に調査した結果によれば、そのなかの73%が複数の販売経路から買い物をしているということです。逆にいえば、複数の販売経路を持たないと、それだけ消費者の目に留まる機会が減るということです。また、北米の22%の小売業者が、複数販売経路の確保をもっとも重要な課題として考えています。 実例としては1or2つしか経路を持っていない場合と比べて、4つ以上の販売経路を持つことによって300%売上が違う、というデータが出ています。     [popup_trigger...

View Post
Card image cap
【アメリカEC】ターゲットを狙い撃ち!マーケティング カレンダー

小売業を成功させるための戦略『セール』。そんなセールは世間のイベント事に合わせて行うのが一般的でしょう。しかし、イベントはもちろん日本とアメリカでは大きく違ってきます。そこで今回は『アメリカマーケティングカレンダー』と称して、セールを行いやすいイベントをピックアップしてみました(2019年バージョン)。ぜひ、このカレンダ-を参考に、年間の販売戦略を立ててみてください。   アメリカでは2・5・10・11・12月にイベントが多い セールを行うにあたって重要なイベント事は、アメリカでは年末の11・12月をはじめ、2・5・10月が特に多くなっています。また、アメリカには多種多様な人種・国籍の方が暮らしているため、アメリカ人向けのイベントではないことも多くあります。そんなアメリカの主要なイベント(特にセールを行いやすい日)2019年版をご紹介していきましょう。 ・1月 1日:New Year’s Day→日本と同じく年始セールを行いましょう。前年のBlack FridayやChristmasの在庫セールもいいのではないのでしょうか。   ・2月 3日:Super Bowl(米アメリカンフットボールリーグNFLの決勝戦。基本2月の最初の日曜日に行われる)→全米が大注目するNFLの決勝戦。アメフトグッズはもちろんのこと、ハーフタイムショーに出演する豪華アーティスト関連グッズや、スポーツ観戦に必要な飲食物や、TV観戦時の家用グッズなども狙い目。 14日:Valentine’s Day→日本と同じ日に行われるバレンタインズデー。日本との違いは、男性が女性に対してプレゼントを渡すということ。(花やギフトが多い)...

View Post
Card image cap
アメリカ Eコマース を制するための「デジタルマーケティング」とは

スマホやパソコン、タブレットなどで行われるEコマースは従来のマーケティング手法だけではうまくいきません。テレビや新聞、街中の広告などとは違ったアプローチが必要です。そこで使われるのが『デジタルマーケティング』です。ではこのデジタルマーケティングとはどういったものなのか、どのように活用していけばいいのかを一緒に考えていきましょう。   現代では街中の大きな看板よりも、手のひらサイズの広告が重要 商品を販売する上で欠かせないのが『マーケティング』です。マーケティングをかんたんに一言で表すなら、「ターゲットとする消費者のニーズと欲求を満たすこと」です。 そしてEコマースに必要となるのが『デジタルマーケティング』です。デジタルマーケティングとは、「電子的(ネット)ツールを使って消費者の購買行動に影響を与えること」と定義してよいでしょう。このデジタルマーケティングを駆使すれば、「1時間で数百万人の人々から商品を閲覧・購入される」なんてことも不可能ではありません。 今やテレビ・ラジオ・新聞といった媒体から、youtube・Netflix・ポッドキャスト・メール・ウェブサイトなどが好まれていることは明らかです。そしてなにより、これらすべてが『デジタルマーケティング手法』となり得ます。つまり、人々は昔のように立派に立ち並ぶ大きな看板よりも、手のひらに収まる携帯画面から広告をよく見るようになった、ということです。   デジタルマーケティング は役割や性質を正しく理解して使い分けよう インターネットが普及した今、デジタルマーケティングの手法には無限の選択肢があります。そこで重要となってくるのが「手法ごとの役割や本質を理解し、宣伝する商品に合ったデジタルマーケティング手法を選択できるようにすること」です。 それぞれの手法は、効果が出るスピードや範囲、大きさなどが異なります。これからデジタルマーケティングを駆使しようとするマーケティング担当者は、「デジタルマーケティングの手法」についての正しい知識を学び、適切な一手を打っていかなければなりません。なぜなら、デジタルマーケティングが普及するにつれて世の中の流れがより一層早くなり、少しの遅れが命取りとなるからです。そこで、メジャーなデジタルマーケティング手法について少し詳しく解説していきたいと思いますので、是非参考にしてみてください。     [popup_trigger id=”6766″...

View Post
Card image cap
Amazon の販売オプション FBA(フルフィルメント by Amazon )とは

アマゾンが提供しているロジスティクスサービスの「FBA(フルフィルメントby Amazon)」。ECサイト業界にとって画期的なオプションであり、数多くのメリットがあると評判ですが、やはり少なからずデメリットも存在します。そこで今回は「FBA」とはどういったサービスなのか、どういった使い方ができるのか、などを考察してみたいと思います。   FBA(フルフィルメントby Amazon)の概要 Amazonが提供するサービス「FBA(フルフィルメントby Amazon)」とは、商品の発送・保管をAmazonが一任するサービスです。利用者は商品を規定に沿ってパッケージングし、Amazonの倉庫に発送、そして値付けまでを行います。その後、商品が売れるまでAmazonの倉庫で保管され、注文後の発送・カスタマーサービス・返品対応までを一貫してAmazonが行うサービスです。自身ですべての処理を行うECサイトに比べて、かなり簡単に商品を販売できるということで多くの企業や業者が取り入れています。 また、地理的な需要によってAmazonが持っているアメリカ全土の倉庫から最適な場所に商品が送られ、万全の配送体制を整えます。さらにAmazonのサイト上で、広告を使って商品をPRすることも可能です。 しかし、これだけのサービスですから『無料』というわけにはいきません。FBAにかかる費用は季節によって変動しますが、おおよそアカウント維持に$35/月、さらに各商品の値段×30%のコストがかかります。   FBAを使用するメリット(長所)とデメリット(短所)は? AmazonのFBAにはメリットもありますが、当然デメリットもあります。ここでは考えられる長所/短所を挙げていきます。   <メリット> ・配送と保管すべてをアマゾンが行うため、かんたんに販売できる...

View Post
Card image cap
AMAZON 出品時の ベンダーセントラル と セラーセントラル の選び方とは?

AMAZON(アマゾン)における販売方法には「Seller Central(セラーセントラル)」と「Vendor Central(ベンダーセントラル)」の2種類があります。それぞれ特徴が異なり、扱う商品によって販売の仕方を変えている業者もいます。今回はそんな「Vendor Central(ベンダーセントラル)」と「Seller Central(セラーセントラル)」の違いを解説し、どのような状況で使い分けるべきかを考えていきます。   AMAZON「Vendor Central(ベンダーセントラル)」と「Seller Central(セラーセントラル)」の違いとは? アマゾンでの「販売方法」である「Vendor Central(ベンダーセントラル)」と「Seller Central(セラーセントラル)」。これら2つの違いを知っていますか? この2つの違いを簡単に言うと、「AMAZONに販売をする(ベンダー)」か「AMAZONで販売をする(セラー)」かになります。つまり…… ・AMAZONに納品し、販売を任せる→「ベンダーセントラル」 ・AMAZONのサイト(販売システム)を借りて、直接消費者に販売する→「セラーセントラル」...

View Post
Card image cap
販売心理学のプロから教わる~アメリカの消費者の心を掴む7つの原則~

突然だが、あなたは消費者の行動心理をきちんと把握しているだろうか?「もちろん知っている。国内で優秀な成績を残したから、海外事業を任されたんだ。」というあなたは痛い目を見るかもしれない。もしアメリカで事業を成功させたいなら、アメリカの消費者について詳しくなければならないからだ。 そこで今回は、販売心理学&マーケティングのプロであるRobert Cialdini(ロバート・シャルディニ)教授の本から、アメリカの消費者心理について学んでみたい。   シャルディニが掲げる7つの柱 シャルディニは販売心理学の観点から、消費者に「はい」と言わせるための考え方を7つ挙げている。その7つが以下である。   ・相互関係(利益)=「人はなにかを(して)もらうと何かを返したくなる心理」 例:無料サンプルの提供   ・約束と一貫性=「人々は自分たちの発言や行動に責任を持つ」 例:ニュースレターへの登録(登録という自発的な行動)、顧客用の商品を作り試してもらう(自分用に作ってもらったという責任)   ・好み=「造り手や販売者とのつながり。好みの一致。」 例:有名人がプロデュースする製品ライン、ブランドイメージ、イメージカラー、同じ好みの人々の評価...

View Post
en_USEnglish