Card image cap
2022年Eコマースのトレンド カギを握るのはより快適な顧客体験

2020~21年のコロナパンデミックの影響を受け、消費者の購買行動は大きく変化しました。2021年には世界のEコマースの売上は25%以上の成長を見せています。アメリカでは消費者の76%がオンラインで買い物をしており、2024年までにEコマースの売上は倍増する見込みです。 右肩上がりの成長を遂げるEコマースは、2022年にどのようなトレンドが生まれるでしょうか。以下の7点に焦点を絞ってみていきましょう。

View Post
Card image cap
eコマースで活用が進むInstagramインフルエンサーマーケティング

成長を続けるインフルエンサーマーケティングは、2021年には138億ドルを生み出すことが予想されています。インフルエンサーマーケティングを牽引するのがInstagram。インフルエンサーマーケティングを手掛けるブランドの67%がInstagramを利用しています。  本記事ではeコマースでInstagramインフルエンサーマーケティングを検討している方のために、Instagramでインフルエンサーマーケティングを行うメリットや、実際の始め方を紹介します。 

View Post
Card image cap
【Google アナリティクス4】ユニバーサルアナリティクスとの違いと新機能

2020年10月、従来のGoogle アナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)に新世代のGoogle アナリティクス 4が登場しました。本記事は従来のユニバーサルアナリティクスとGoogle アナリティクス 4の違いに焦点を当て、Google アナリティクス 4の特徴を紹介します。

View Post
Card image cap
Eコマースで最も重要なKPI

ビジネスを行う上で、KPI(最重要業績指標)が重要なことはいつも指摘されています。反面、デジタルマーケティングではあらゆるデータの取得が可能で、逆にどのデータをKPIとして取り上げ、分析し、施策へと活かしていかなければならないのかが、わかりにくくなっています。 本記事ではEコマースに焦点を絞り、Eコマースを実践する上で必ず検討しなければならないKPIを説明します。

View Post
Card image cap
マーケティングが生み出すハロー効果でブランドイメージを高めよう

ハロー効果とは認知バイアスの一種で、ちょうど「身なりのきちんとした人は、人間的にもきちんとした人だろう」と思い込んでしまうような傾向を指しています。1つの特徴を見ただけで全体を理解した気持ちになるハロー効果を、マーケティングは古くから利用してきました。

View Post
Card image cap
Apple iOS14がデジタルマーケティングに与える影響

Apple社はiOS14へのアップデートにともない、プライバシーポリシーの大幅な変更を明らかにしています。本記事ではiOS14アップデートによる変更がデジタルマーケティングに与える影響について紹介します。

View Post
Card image cap
【2021】統計から見るAmazonの強さ

オンラインショッピングを牽引してきたAmazonは、モバイル時代を迎えても圧倒的な強さを見せつけています。本記事では10の統計ポイントを通じたAmazonの強さを紹介します。ECビジネスに関わる人がAmazonにいかに学び、Amazonと共にビジネスを飛躍させるか、参考にしてください。

View Post
Card image cap
全世界で急成長を遂げるエドテック~アメリカの現状とこれから

昨今目にする機会の増えたEdTechとは、Education + Technologyすなわち情報通信機器を利用した教育サービスを指します。新型コロナウイルスのパンデミックを機に急成長を遂げるエドテックについて、アメリカでの現状と今後を中心に紹介します。

View Post
Card image cap
ファッション・アパレルEC業界|新型コロナウイルスの影響と今後の課題

新型コロナウイルスの世界的流行は、消費者の行動と市場全体に大きな影響を与えました。本記事は2020年から2019年までの市場概況を踏まえつつ、新型コロナウイルス危機以降の市場の動きを紹介します。

View Post
Card image cap
EC担当者が知っておきたいアメリカの売上税ガイド

複雑でわかりにくいアメリカの税制ですが、アメリカでビジネスを行う上では、基本的な仕組みを把握しておくことは必須です。本記事では、EC担当者が知っておきたいアメリカの売上税の基本とネクサスについて説明します。

View Post
en_USEnglish