Eコマース成功の鍵

米国でEコマースの立ち上げを成功に導く5つの鍵

※和訳(原文は日本語記事の下にあります。)
 
この記事を読んでいるという事は、おそらく米国でのブランド立ち上げの可能性を探っている最中ではないでしょうか。試験的にも、あなたのブランドが日本(そしておそらく他の国々)で成功していることからも、米国市場における成功の見込みは高くなければなりません。
 
そこで良いお知らせは、米国市場で有効な手法に基づくマーケティング戦略を構築すれば、米国での成功の可能性は向上させられるということです。
 
残念なお知らせは、米国に来る多くのブランドが、新しいマーケティング戦略を試してみることなく、ただ結果に失望しているということです。
 
そこでこの記事では、米国におけるEコマースの立ち上げを成功に導く5つの鍵について案内していきたいと思います。今回は、1つ目の成功の鍵、『販売開始前にメールリストの作成をはじめる – スプラッシュページの活用』についてご案内いたします。
 
 

成功の鍵 1. 販売開始前にメールリストの作成をはじめる- スプラッシュページの活用

 
米国でEコマースの開始準備を整えるまでには、計画で6〜12ヶ月かかることがあります。その間に、見込み客の獲得をはじめない手はありません。
 
あなたのブランドが米国でも認知されていて、米国での販売が確定しているのであれば、すぐにスプラッシュページを開設しましょう。基本的には、ブランドコンテンツとメール登録フォームを備えたシンプルなWebページです。これは約1か月かそれ未満でも開設できるでしょう。
 
もしアメリカでブランドの認知がなくても、スプラッシュページを開設することを強くお勧めしますが、その場合は検索連動型広告やSNS広告を使用してページへトラフィックを誘導する必要があります。予算は最小限で良いので、クリック率に関するデータの収集を開始し、ユーザーの反応を測定するためにさまざまな広告コピーを試してみることがポイントです。
 
そして、販売および出荷の準備が整う頃、手元には製品に興味を持ったユーザーのメールアドレスリストとCPA(顧客獲得単価)の削減に役立つ検証済みの広告コピーがあります。
 
下記のKPIを参考にスプラッシュページを有効に活用し、早速米国でのEコマースの立ち上げを成功に近づけましょう。
 

スプラッシュページのKPI

    1. セッション数に対するメールアドレス登録の割合
    2. 広告のCTR (クリック率)
    3. メールアドレスの獲得単価

 
次回は2つ目の成功の鍵、『デジタルマーケティングにかかる費用を怖れてはいけない– CPAは高いものだと知る』をお届けします。
 


著者: Eric.H
日本でテレビショッピング、デジタルマーケティング、ECオペレーションを18年間経験し、現在はtranscosmos AmericaのLos Angelesオフィスでオペレーションディレクターとして、バイリンガルECスペシャリストチームを管理しています。


 
<原文>

5 Keys for a Successful Ecommerce Trial in the US

If you are reading this blog article you are probably exploring the possibility of launching your brand in the US. Either on a trial basis or with the assumption that since your brand is successful in Japan (and in other countries perhaps) then the chances for success in the US market must be good. The good news is that the chances for success in the US can be managed and increased if you are willing to build your marketing strategy based on what is working in the US market. The not so good news is that many brands coming to the US are not willing to experiment with new marketing strategies and thus are disappointed with their results. Let me give you a brief overview of some of the keys to successful Ecommerce trail in the US.
 

Build an email list before you start selling – Splash Page

It may take 6-12 months of planning before you are ready to start your ecommerce trial in the US but why wait to start acquiring prospects? If your brand has some organic recognition in the US and your end game is to launch sales in the US, launch a splash page right away. It’s basically a simple web page with some brand content and an email signup box. This should only take about 1 month or less to launch. If you don’t have any organic brand recognition, I would still strongly recommend you launch a splash page, but you should start to drive traffic to the page using some basic paid search or paid social. The budget can be minimal but the point here is to start collecting data on click rates and experiment with different ad copy to gauge user reaction. Then when you are ready to start sales and shipping product, you will have a list of registered email users interested in your product and tested ad copy that will reduce your CPA.
 

Splash Page KPIs.

    1. Percentage of Email signups versus sessions.
    2. Ad Copy Click Through Rates.
    3. Cost Per Email acquisition.

 
Next UP.
Don’t be Afraid to Spend on Digital Marketing – Allow your CPA to go high from the start
 


About the Author: Eric.H
Eric is the Director of Operations at the Transcosmos Los Angeles office and manages a team of bi-lingual EC specialists. Eric worked for 18 years in Japan in TV Shopping, Digital Marketing and EC Operations.


トランスコスモスアメリカとは

transcosmos

トランスコスモスアメリカは、EC事業に係る各専門スタッフとアメリカ現地でTOPクラスのパートナ企業による真にお客様志向のアウトソーシングサービス企業です。あなたに「今」必要な専門チームがここにいます。

transcosmos


トランスコスモスアメリカは、ロサンゼルスとシリコンバレーを拠点に、 仕入れからオペレーション、販売まで、みなさまのEC事業戦略、 ブランド戦略に合わせたECワンストップサービスを提供しています。